Show Menu
トピック×

レプリケーション

クラウドサービスとしてのAdobe Experience Managerは、 Sling Content Distribution (Sling Content Distribution)機能を使用して、AEMランタイム以外でAdobe I/O上で実行されるパイプラインサービスに複製するコンテンツを移動します。
詳しくは 配布 (Distribution)を参照してください。

コンテンツの公開方法

クイック取り消し/公開 — 予定されている取り消し/公開

作成者向けのこれらの標準的なAEM機能は、AEMクラウドサービスでは変更されません。

ツリーのアクティベーション

ツリーのアクティブ化を実行するには:
  1. AEMのスタートメニューで、ツール/デプロイメ ント/配布に移動します。
  2. カードforwardPublisherを選択し ます
  3. forwardPublisher webコンソールのUIに移動したら、「配布」を 選択します。
  4. パスブラウザーでパスを選択し、必要に応じてノード、ツリーまたは削除を選択して、「送信」を選択しま す。

トラブルシューティング

レプリケーションのトラブルシューティングを行うには、AEM Author Service Web UIの「Replication Queues」に移動します。
  1. AEMのスタートメニューで、ツール/デプロイメ ント/配布に移動します。
  2. カードforwardPublisherを選択し ます
  3. 緑色になるキューの状態を確認します
  4. レプリケーションサービスへの接続をテストできます
  5. コンテンツパブ リケーションの履歴を表示する「ログ 」タブを選択します
コンテンツを公開できなかった場合、パブリケーション全体がAEM発行サービスから元に戻されます。 この場合、パブリケーションのキャンセルの原因となった項目を特定するために、キューを確認する必要があります。 赤のステータスを示すキューをクリックすると、保留中のアイテムを含むキューが表示され、必要に応じて、単一またはすべてのアイテムをクリアできます。