Show Menu
トピック×

レプリケーション

Cloud ServiceとしてAdobe Experience Managerは、 Sling Content Distribution (Sling Content Distribution)機能を使用して、AEMランタイムの外部にあるAdobeI/O上で実行されるパイプラインサービスに複製するコンテンツを移動します。

コンテンツの公開方法

クイック非公開/公開 — 計画されている非公開/公開

作成者向けのこれらの標準的なAEM機能は、AEMCloud Serviceでは変更されません。

オン/オフ時間 — トリガー設定

オン時間 」と「 オフ時間 」の追加機能は、ページプロパティの「 基本」タブから利用できます
この自動レプリケーションを実現するには、 OSGi構成 On Off Trigger構成で 自動レプリケーションを有効にする必要があります

ツリーのアクティベーション

ツリーアクティベーションを実行するには:
  1. AEM開始メニューで、 ツール/導入/配布に移動します。
  2. カードの forwardPublisherを選択します
  3. forwardPublisher WebコンソールのUIを表示したら、「配布」を 選択します。

    DistributeDistribute

  4. パスブラウザーでパスを選択し、必要に応じてノード、ツリーまたは削除を追加するか、「 送信」を選択します

トラブルシューティング

レプリケーションのトラブルシューティングを行うには、AEM Author Service Web UIのReplication Queuesに移動します。
  1. AEM開始メニューで、 ツール/導入/配布に移動します。
  2. カードの forwardPublisherを選択します

    StatusStatus

  3. 緑であるはずのキューステータスを確認します
  4. レプリケーションサービスへの接続をテストできます
  5. コンテンツパブリケーションの履歴を表示する 「ログ 」タブを選択します

LogsLogs

コンテンツを公開できない場合は、パブリケーション全体がAEM発行サービスから戻されます。 この場合、パブリケーションがキャンセルされた原因となった項目を特定するために、キューを確認する必要があります。 赤いステータスを示すキューをクリックすると、保留中のアイテムを含むキューが表示され、必要に応じて、このキューから単一またはすべてのアイテムをクリアできます。