Show Menu
トピック×

Adobe Experience Manager as a Cloud Service 2020.4.0 のリリースノート

This page outlines the general release notes for Experience Manager as a Cloud Service 2020.4.0.

リリース日

Experience Manager as a Cloud Service 2020.4.0 のリリース日は 2020 年 4 月 9 日です。

Assets の新機能

現在のリリースの Experience Manager Assets および Dynamic Media の新機能、機能強化、バグ修正について詳しく説明します。
  • Brand Portal は、Experience Manager Assets のアセット配布使用例をサポートします。Brand Portal は、組織が承認済みのブランドおよび製品アセットを外部の代理店、パートナー、内部チーム、販売店などがダウンロードできるように安全に配布し、マーケティングニーズに応えるうえで役に立ちます。
    • Brand Portal 設定は、Adobe I/O コンソールを通じておこなわれます。 Brand Portal の設定 を参照してください。
    • Brand Portal でのアセットソーシングは、Experience Manager as a Cloud Service ではまだサポートされていません。
  • Adobe Asset Link v2.0 は、Experience Manager as a Cloud Service として機能します。Adobe Asset Link は、アプリ内パネル Asset Link を使用して、Experience Manager Assets と Creative Cloud デスクトップアプリの Adobe Photoshop、Adobe Illustrator、Adobe InDesign の連携を実現し、コンテンツ作成プロセスにおいてのクリエイティブとマーケターのコラボレーションを効率化します。
    • Experience Manager は Adobe Asset Link 用に事前設定されているため、 設定が簡単 で、クリエイティブな専門家へのロールアウトが速くなります。
    • Asset Link クリエイティブユーザーが別の Experience Manager 環境に簡単に接続できる、 Experience Manager 環境の切り替えボタン がサポートされました。この機能が役立つのは、異なる Experience Manager Assets デプロイメントを使用して複数のクライアントを扱う、エージェンシーデザイナーの場合です。
  • ユーザーは、特定のフォルダー階層に対するフォルダーの「プロパティ」ユーザーインターフェイスで、 後処理ワークフロー を自動開始するように設定できます。
    • フォルダーの「プロパティ」ユーザーインターフェイスがシンプルになり、新しい「アセット処理」タブに、メタデータプロファイル、処理プロファイル、新しく自動開始ワークフロー設定が追加されました。
    • アセットの再処理オプションを使用すると、特定の処理プロファイルを選択して、サブフォルダー内のユーザーが選択したアセットを再処理できます。
    • Dynamic Media:アセットをセキュリティで保護されたプレビューのみで自動公開するように、選択式の公開設定を追加。また、パブリックドメインの配信用に DMS7 に公開することなく、アセットを Experience Manager に明示的に公開できます。

バグ修正

  • アセット処理に関する問題を修正しました。
  • Dynamic Media の設定と Dynamic Media 配信サービスへのアセット公開を修正

Cloud Manager の新機能

  • 発行者の URL が、Cloud Manager UI の環境ページから利用できるようになりました。
  • ナビゲーションが変更され、Cloud Manager の概要ページでユーザーがプログラムの編集、切り替え、追加が可能になりました。
  • ユーザーが Cloud Manager ランディングページのプログラムカードからプログラムを編集できるように変更しました。
  • 関連付けられた環境に対して、新しいパイプラインステータス「 パイプライン実行中 」が表示されます。
  • パイプライン実行ページをわかりやすく改善しました。これには、パイプライン名(非実稼動パイプラインのみ)とタイプの表示、およびパイプラインのステータスが「処理中」、「キャンセル」、「失敗」のいずれであるかを示すバッジが含まれます。
  • ユーザーエクスペリエンスを向上させ、「プログラム/環境」ボタンが無効になる理由を理解しやすくするためのツールヒント。
  • 失敗した環境は、UI と API を使用して削除できるようになりました。
  • git パスワードの生成に使用されるプロセスは、基盤となるサービス層の問題に対してより柔軟に対処できるようになりました。

バグ修正

  • パイプライン実行の詳細ページのステージ環境へのリンクが、正しい場所に一貫してナビゲーションしていなかった。
  • 環境作成プロセス内の個々のステップが、必要な時間より早くタイムアウトし、プロセスが失敗する。
  • アーティファクトのメタデータをダウンロードする際のデッドロックを回避するため、ビルドコンテナで使用される Maven の設定を更新。
  • 場合によっては、イメージのビルド手順で顧客パッケージを正常にダウンロードできない。
  • 発生頻度の低い状況によっては、環境の削除が妨げられる場合がある。
  • Experience Cloud の通知が一貫して受信されなかった。