Show Menu
トピック×

リッチテキストエディターを使用したコンテンツのオーサリング

リッチテキストエディター(RTE)は、Adobe Experience Manager にテキストコンテンツを追加するための基本的な構成要素です。また、オーサリングを可能にするその他の多くのコンポーネントは RTE に基づいています。Experience Manager 開発者は RTE をカスタマイズでき、管理者は作成者が使用する RTE を設定できます。

インプレース編集

テキストベースのコンポーネントを 1 回クリックして選択すると、 コンポーネントツールバー が表示されます。
もう一度クリックするか、最初にコンポーネントをゆっくりダブルクリックして選択すると、インプレース編集が開きます。編集モードには、ツールバーが含まれます。ここで、コンテンツの編集や、基本的な書式変更ができます。
通常、ツールバーには次のオプションがあります。
  • 形式 :テキストを太字や斜体にしたり、テキストに下線を引いたりします。
  • リスト :箇条書き記号または番号付きリストを作成し、インデントを設定します。
  • ハイパーリンク :リンクを作成します。
  • リンク解除 :ハイパーリンクを削除します。
  • 全画面表示 :エディターをフルスクリーンモードで開きます。
  • 閉じる :編集を停止します。
  • 保存 :変更を保存します。

フルスクリーン編集

テキストベースのコンポーネントの場合は、 ツールバー のフルスクリーンモード をクリックしてリッチテキストエディターを開き、ページコンテンツの残りを非表示にします。
フルスクリーンモードでは、オーサリングに使用できる設定済みオプションがすべて表示されます。The availability of options depends on the configuration .
さらなるリッチテキストエディターオプションを次に示します。
  • アンカー :テキストにアンカーを作成し、後でそのアンカーへのリンクや参照が作成できます。
  • テキストを左揃え
  • テキストを中央揃え
  • テキストを右揃え
「最小化」をクリックしてフルスクリーンモードを閉じます。
ネストされたリストを Microsoft Word から RTE にコピーすると、結果に一貫性がなくなる可能性があります。代わりに、テキスト形式で貼り付け、手動で調整してください。