Show Menu
トピック×

Adobe Analytics との統合

Adobe Analytics と AEM as a Cloud Service の統合により、Web ページのアクティビティを追跡できます。
  • Adobe Analytics 設定により、AEM で Adobe Analytics を認証できます。
  • Adobe Analytics レポートスイートに送信されたデータはフレームワークで特定されます。
データには、例えば、次のようなページおよびユーザーデータが含まれます。
  • AEM コンポーネントで収集されるデータ
  • リンククリック数
  • ビデオ使用量情報
  • Adobe Analytics から訪問されるページの数
以下に示す記事は、統合の設定に役立ちます。なお、Launch by Adobe は、Analytics 機能(JS ライブラリ)を備えた AEM サイトを実装するための事実上の標準ツールになっています。したがって、AEM as a Cloud Service を Launch や Adobe Analytics と統合すると、連携が強化されます。
既存の Analytics アカウントを持たない Adobe Experience Manager as a Cloud Service ユーザーは、Experience Cloud 用の Analytics Foundation パックへのアクセスをリクエストできます。この Foundation パックでは、Analytics の使用量が制限されます。
Launch by Adobe の IMS 設定(技術アカウント)は、AEM as a Cloud Service に事前に設定されています。ユーザーはこの設定を作成する必要はありません。

その他の情報

次のページを参照してください。
  • ユーザーデータを収集するコンポーネントの開発と Adobe Analytics フレームワークのカスタマイズに関する情報については、 Adobe Analytics 統合の拡張 を参照してください。「Analytics フレームワーク」は AEM のレガシー機能であり、分析の作成にはクラシック UI が必要なので AEM as a Cloud Service では機能しないことに注意してください。代わりに、変数マッピングにも JS ライブラリのページへのデプロイにも Launch by Adobe を使用してください。
  • Adobe Analytics 統合のトラブルシューティングに関する情報については、 Adobe Analytics 統合 - 問題のトラブルシューティング に関するナレッジベースの記事を参照してください。
Adobe Analytics をカスタムプロキシ設定で使用している場合、 Apache HTTP Client プロキシ設定に必要な、 2 つの OSGi バンドルを設定 する必要があります(例えば、Web コンソールで)。AEM の一部の機能で 3.x API を使用し、他の機能で 4.x API を使用するので、両方とも必要です。次の設定をおこないます。