Show Menu
トピック×

フォームオプションコンポーネント

コアコンポーネントのフォームオプションコンポーネントを使用すれば、様々な形式の事前定義済みオプションから選択できます。

使用方法

コアコンポーネントのフォームオプションコンポーネントを使用すれば、様々な形式で提供される各種オプションを送信できます。このコンポーネントは、 フォームコンテナコンポーネント と共に使用するためのものです。
オプションの表示形式、ラベル、個々のオプションは、コンテンツ編集者が 設定ダイアログ で定義できます。

バージョンと互換性

このドキュメントでは、フォームオプションコンポーネントの現在のバージョン(2018 年 1 月にコアコンポーネントのリリース 2.0.0 で導入された v2)について説明します。
コンポーネントのすべてのサポート対象バージョン、コンポーネントの各バージョンと互換性のある AEM バージョン、以前のバージョンのドキュメントへのリンクを次の表に示します。
コンポーネントのバージョン
AEM 6.4
AEM 6.5
AEM as a Cloud Service
v2
互換性あり
互換性あり
互換性あり
互換性あり
互換性あり
-
コアコンポーネントのバージョンとリリースについて詳しくは、 コアコンポーネントのバージョン を参照してください。

コンポーネント出力のサンプル

フォームオプションコンポーネントを実際に体験し、その設定オプションや HTML および JSON 出力の例を確認するには、 コンポーネントライブラリ を参照してください。

技術的詳細

フォームの非表示コンポーネントに関する最新の技術ドキュメントについては、 GitHub を参照してください。
コアコンポーネントの開発について詳しくは、 コアコンポーネント開発者向けドキュメント を参照してください。

設定ダイアログ

設定ダイアログでは、表示するオプションのタイプ、ラベル、使用可能なオプションをコンテンツ作成者が定義できます。
  • タイプ - オプションの表示方法
    • チェックボックス
    • ラジオボタン
    • ドロップダウン
    • 複数選択ドロップダウン
  • タイトル - オプションのラベルとして表示されるタイトル
  • 名前 - フィールドの名前(フォームデータと共に送信されます)
  • ソース - オプションの定義場所
    • ローカル - コンポーネント内に定義
      • 値を追加するには「 追加 」ボタンを、値を削除するには「 削除 」を、それぞれタップまたはクリックします。
        • - フォームの送信時にそのオプションが選択されている場合に保存された値
        • テキスト - フォームに表示されるオプションのラベル
        • アクティブ - フォームの読み込み時にオプションが選択済みとしてマークされます
        • 無効 - オプションは選択できませんが、表示されます
    • リスト - AEM の他の場所で定義されている静的リストがオプションに使用されます
      • リスト - AEM 内の静的リストのパス
        • 参照ボタンを使用してリストリソースを特定します
    • データソース - オプションにデータソースが使用されます
      • データソース - データソースのリソースタイプ
  • ヘルプメッセージ - フィールドに入力できる内容をユーザーに伝えるヒント
  • ID - このオプションを使用すると、HTML 内および データレイヤー 内のコンポーネントの一意の識別子を制御できます。
    • 空白のままにした場合、一意の ID が自動的に生成されます。生成された ID は結果のページを調べることで確認できます。
    • ID を指定した場合、作者はその ID が一意であることを確認する必要があります。
    • ID を変更すると、CSS、JS、およびデータレイヤーのトラッキングに影響を与える可能性があります。

デザインダイアログ

「スタイル」タブ

フォームオプションコンポーネントは、AEM スタイルシステム をサポートしています。