Show Menu
TOPICS×

AEM プロジェクトアーキタイプの ui.apps モジュール

ui.apps maven モジュール(
<src-directory>/<project>/ui.apps
)には、
/apps
配下のサイトで必要となるすべてのレンダリングコードが含まれます。これには CSS/JS が含まれ、それらは clientlibs と呼ばれる AEM の形式で保存されます。また、これには動的 HTML をレンダリングするための HTL スクリプトも含まれます。ui.apps モジュールは、ファイルシステムに保存でき、ソース管理に対してコミットできる、JCR 内の構造とのマッピングと考えることができます。
Apache Jackrabbit FileVault Package プラグインは、ui.apps モジュールのコンテンツを、AEM にデプロイできる AEM パッケージにコンパイルするために使用されます。プラグインのグローバル設定は、parent pom.xml で定義されます。

親 POM

親 POM
<src>/<project>/pom.xml
)には、プロジェクトで使用するプラグインの様々な設定を定義する
<plugin>
セクションが含まれます。これには、Jackrabbit FileVault Package プラグインの
filterSource
用の設定が含まれます。
filterSource
はファイルの場所を指定しています。
filter.xml
ファイルは、パッケージに含まれる jcr パスを定義するために使用されます。
さらに、Jackrabbit FileVault Package プラグインには Content Package プラグインの定義があり、これはその後、パッケージを AEM にプッシュする際に使用されます。同じ親 POM で定義されたグローバルなプロパティに対応する
aem.host
aem.port
vault.user
、および
vault.password
の変数が使用されます。

ui.apps/pom.xml

ui.apps pom(
<src>/<project>/ui.apps/pom.xml
)は、
filevault-package-maven-plugin
embedded
タグを提供します。
embedded
タグには、ui.apps パッケージの一部としてコンパイルされた core バンドル、およびそのインストール先が含まれています。
core.wcm.components.all および core.wcm.components.examples パッケージがサブパッケージとして含まれています。これにより、WKND コードと共に毎回コアコンポーネントのパッケージがデプロイされます。
依存関係リストには、core.wcm.components.all と core.wcm.components.examples が依存関係として含まれます。ただし、ベストプラクティスとしては、依存関係のバージョンを 親 pom ファイル で管理することが推奨されます。

filter.xml

ui.apps モジュールの
filter.xml
ファイルは
<src>/<project>/ui.apps/src/main/content/META-INF/vault/filter.xml
にあり、ui.apps パッケージに含まれてインストールされるパスを含みます。