Show Menu
TOPICS×

Sling のコンテキスト対応設定とコアコンポーネント

コンテキスト対応設定は Sling の機能です。この機能はコンテンツリソースまたはリソースツリーに関連し、コアコンポーネントでサイト全体の設定を可能にするために利用されます。

Sling のコンテキスト対応設定

サイトの地域が異なると、異なる設定が必要となることがあります。例えば、一部のパラメーターが共有される場合、ネストされたコンテキストとグローバルなフォールバック値の継承が必要になる場合があります。Sling コンテキスト対応設定で、これを有効にします。
Sling のコンテキスト対応設定の詳細については、 Apache のドキュメントを参照 してください。

コアコンポーネントでの使用

多くのコアコンポーネント機能は、コンテキスト対応設定を利用します。これらの設定はすべて次のノードにあります。
  • /conf/<my-site>/sling:configs/<my-configuration>
個々の設定は、特定のコンポーネントまたは機能に依存します。コンテキスト対応設定を使用するコアコンポーネントの機能は次のとおりです。