Show Menu
TOPICS×

Adobe Client Data Layer の拡張

コアコンポーネントは、カスタムダイアログオプションで拡張できます。このオプションを使用すると、コンテンツ作成者はデータレイヤーに関連する追加情報を入力できます。
これらのフィールドをコアコンポーネントが提供するデータレイヤーに含めるには、独自のデータレイヤーメソッドを実装するコンポーネントのモデルを拡張する必要があります。

例:タイトルコンポーネント

タイトルコンポーネント などのコアコンポーネントは、デフォルトで
ComponentData
を返す
getData
メソッドを持つ コンポーネント を拡張します。
ComponentData
は、コンポーネントが実装できる事前定義済みのフィールド(
TitleImpl
に対して
getDataLayerLinkUrl
getDataLayerTitle
など)をシリアル化します。
したがって、カスタム Sling モデルには、より多くのフィールドを返すように
ComponentData
を拡張するオブジェクトを返す
getData
メソッドがある場合があります。
これにより、データレイヤーに入力されるデータの JSON を使用して、コンポーネントの HTML 要素に
data-cmp-data-layer
属性が追加されます。この時点で、このデータをリッスンするスクリプトや関連するイベントを実装できます。