Show Menu
トピック×

AEM Screens の設定とデプロイ

このページでは、デバイスに Screens Player をインストールして設定する方法について説明します。

サーバーの設定

重要
AEM Screens Player は、クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)トークンを利用していません。したがって、AEM Screens で使用できるように AEM サーバーを設定するには、空のリファラーを許可して、リファラーフィルターをスキップします。

ヘルスチェックフレームワーク

ヘルスチェックフレームワークを使用すると、AEM Screens プロジェクトを実行する前に、必要な設定が 2 つあるかどうかを確認できます。
次の 2 つの設定を確認して、AEM Screens プロジェクトを実行できます。つまり、次の 2 つのフィルターの状態を確認できます。
  1. 空のリファラーの許可
  2. https
次の手順に従って、AEM Screens でこれら 2 つの重要な設定が有効になっているかどうかを確認します。
  1. 上記の 2 つのプロパティの検証を実行するには、「 Execute selected health checks 」をクリックします。
    両方のフィルターが有効な場合、 Screens Configuration Health Service では​ 結果 ​が​ OK ​と表示され、両方の設定が有効となっています。
    一方または両方のフィルターが無効になっている場合は、下の図に示すように、ユーザーに対してアラートが表示されます。
    両方のフィルターが無効な場合、次のアラートが表示されます。

前提条件

AEM Screens で使用できるように AEM サーバーを設定する際に役立つ重要なポイントを次に示します。

空のリファラー要求の許可

  1. AEM インスタンスでハンマーアイコン/ 操作 Web コンソール ​をクリックして、「 Adobe Experience Manager Web コンソール設定 」に移動します。
  2. Adobe Experience Manager Web コンソール設定 ​が開きます。「sling referrer」を検索します。
    「sling referrer」プロパティを検索するには、 Command + F キー( Mac )または Ctrl + F キー( Windows )を押します。
  3. Allow Empty 」オプションをオンにします(下図を参照)。
  4. 保存 」をクリックして、Apache Sling Referrer Filter の「Allow Empty」を有効にします。

Apache Felix Jetty Based HTTP Service

  1. AEM インスタンスでハンマーアイコン/ 操作 Web コンソール ​をクリックして、「 Adobe Experience Manager Web コンソール設定 」に移動します。
  2. Adobe Experience Manager Web コンソール設定 ​が開きます。「Apache Felix Jetty Based HTTP Service」を検索します。
    このプロパティを検索するには、 Command+F キー( Mac )または Ctrl+F キー( Windows )を押します。
  3. ENABLE HTTP 」オプションをオンにします(下図を参照)。
  4. Save 」をクリックし、 HTTP サービスを有効にします。

AEM Screens のタッチ操作対応 UI の有効化

AEM Screens にはタッチ操作対応 UI が必要で、Adobe Experience Manager(AEM)のクラシック UI では AEM Screens は動作しません。
  1. <yourAuthorInstance>/system/console/configMgr/com.day.cq.wcm.core.impl.AuthoringUIModeServiceImpl に移動します。
  2. Default authoring UI mode 」が「 TOUCH 」に設定されていることを確認します(下図を参照)。
また、 <yourAuthorInstance> ツール(ハンマーアイコン) 操作 Web コンソール ​をクリックし、 WCM Authoring UI Mode Service を検索して、同じ設定を実行することもできます。
ユーザーの環境設定を使用して、特定のユーザーに対して常にクラシック UI を有効にすることができます。

NOSAMPLECONTENT 実行モードの AEM

実稼動環境での AEM の実行には、 NOSAMPLECONTENT 実行モードを使用します。次の場所に移動して、(追加の応答ヘッダーセクションにある) X-Frame-Options=SAMEORIGIN ヘッダーを削除します。
https://localhost:4502/system/console/configMgr/org.apache.sling.engine.impl.SlingMainServlet
これは、AEM Screens Player でオンラインチャネルを再生するために必要です。

パスワード制限

DeviceServiceImpl の最新の変更により、パスワード制限を削除する必要がなくなりました。
次のリンクから DeviceServiceImpl を設定して、Screens デバイスユーザーのパスワードを作成する際のパスワード制限を有効にすることができます。
https://localhost:4502/system/console/configMgr/com.adobe.cq.screens.device.impl.DeviceService
以下の手順に従って DeviceServiceImpl を設定します。
  1. AEM インスタンスでハンマーアイコン/ 操作 Web コンソール ​をクリックして、「 Adobe Experience Manager Web コンソール設定 」に移動します。
  2. 「Adobe Experience Manager Web コンソール設定」が開きます。「deviceservice」を検索します。このプロパティを検索するには、 Command + F キー( Mac )または Ctrl + F キー( Windows )を押します。

Dispatcher 設定

AEM Screens プロジェクトの Dispatcher を設定する方法については、 AEM Screens プロジェクトの Dispatcher の設定 を参照してください。

Java エンコーディング

Java エンコーディング ​を Unicode に設定します。例えば、 Dfile.encoding=Cp1252 は機能しません。
推奨事項:
実稼動環境では AEM Screens サーバーに HTTPS を使用することをお勧めします。