Show Menu
トピック×

データトリガーのパブリッシュサーバーへのレプリケーション

ContextHub と AEM ターゲティングエンジンを使用して、オーサーとパブリッシュのセットアップ時のデータトリガーに基づいてコンテンツをカスタマイズする場合、ContextHub とパーソナライズ機能に関連するすべての設定は、公開時にチャネルへ自動的にレプリケーションされません。
このページでは、これらの設定を個別に公開するために必要な手順を説明します。
これは基本的に、手動で公開をおこなうものです。
  1. ContextHub ストアと UI モジュールの設定
  2. オーディエンスのパーソナライズ
  3. アクティビティのパーソナライズ

データトリガーのパブリッシュサーバーへのレプリケーション手順

次の手順に従って、データトリガーをパブリッシュサーバにレプリケーションします。

手順 1:ContextHub 設定のレプリケーション

  1. ツール デプロイメント 配布 発行エージェント ​に移動し、設定する発行エージェントをクリックします。
  2. 次の図に示すように、アクションバーの​ 接続のテスト ​をクリックして、オーサーとパブリッシュインスタンスの通信を検証します。
  3. 配布エージェント ​画面のツリーから「 追加 」を選択し、プロジェクトの設定パスを選択します(例: /conf/screens/settings/cloudsettings/configuration )。
  4. 送信 」をクリックします。

オーディエンスのレプリケーション

  1. AEM インスタンス/ パーソナライズ機能 オーディエンス ​に移動するか、次の URL を使用して直接移動します。 http://localhost:4502/libs/cq/personalization/touch-ui/content/v2/audiences.html
  2. プロジェクトフォルダーにドリルダウンします(例: /conf/screens/ )。
  3. ユーザーインターフェイスからすべてのオーディエンスとセグメントを選択します。
  4. アクションバーの​ 公開の管理 ​をクリックします。
  5. 次へ 」と「 公開する 」をクリックします。

アクティビティのレプリケーション

  1. AEM インスタンス/ パーソナライズ機能 アクティビティ ​に移動するか、次の URL を使用して直接移動します。 http://localhost:4502/libs/cq/personalization/touch-ui/content/v2/activities.html
  2. プロジェクトフォルダ( /content/campaigns/screens/… )にドリルダウンします。
  3. ユーザーインターフェイスからすべてのアクティビティを選択します。
  4. アクションバーの​ 公開の管理 ​をクリックします。
  5. 次へ 」と「 公開する 」をクリックします。
ContextHub 設定とオーディエンスは、アクティビティのレプリケーションと同時に、プロジェクトのセットアップ中にレプリケーションされ、またレプリケーションはチャネル内でターゲット設定が変更されるたびに必要になります。

結果

レプリケーションが成功した場合は、パブリッシュインスタンスで次の構造が表示されます(または、プロジェクトに応じて同様の構造が表示されます)。
/conf/screens/settings/cloudsettings/configuration/… /conf/screens/settings/wcm/segments/… /content/campaigns/screens/…

テスト接続のトラブルシューティング

ContextHub 設定をレプリケーション中にテスト接続が失敗した場合は、次の手順に従って問題のトラブルシューティングをおこなってください。
  1. ツール/ デプロイメント 配布 発行エージェント ​に移動します。
  2. アクションバーで​ 編集 ​をクリックし、「 インポーターエンドポイント 」フィールドのエンドポイント URL も配布エージェントのパブリッシュサーバー URL を指していることを確認します。
  3. デフォルトの管理者認証情報を使用しない場合は、別のユーザー名とパスワードを使用して配布エージェントを設定する必要があります。
    その場合は、次の手順に従います。
    1. ツール/ 操作 Web コンソール http://localhost:4502/system/console/configMgr に移動して、 Adobe Experience Manager Web コンソール画面 ​を開きます。
    2. Apache Sling Distribution トランスポート認証情報 - ユーザ認証情報に基づく DistributionTransportSecretProvider を探します。
    3. 名前 ユーザー名 パスワード ​を入力して、設定を作成します(例: slingTransportSecretProvider )。
    4. 保存 」をクリックします。
    5. 設定を開くには、 Cmd +F を使用して Apache Sling Distribution Agent - Forward Agents Factory を検索し、それから Transport Secret Provider を検索します。
    6. (name=default) (name=slingTransportSecretProvider) に更新します。
    7. 保存 」をクリックし、AEM インスタンスの​ 配布エージェント ​画面から再びテスト接続を実行します。