Show Menu
トピック×

プロジェクトの作成と管理

Adobe Experience Manager のリンク(左上)を選択し、「Screens」を選択すると、AEM Screens にアクセスできます。
または、 http://localhost:4502/screens.html/content/screens から に直接アクセスすることもできます。
プロジェクトが異なれば、ブランド、デプロイメント、顧客なども異なる可能性があります。
ナビゲーションのヒント:
カーソルキーを使用しても、AEM 内の様々なフォルダーを移動できます。さらに、特定のエンティティを選択し、スペースバーを押すと、その特定のフォルダーのプロパティを編集または表示できます。

新しい Screens プロジェクトの作成

以下の手順に従って、新しい Screens プロジェクトを作成します。
  1. AEM ダッシュボードから「 Screens 」を選択します。
  2. 作成/ プロジェクトを作成 ​をクリックすると、 Screens プロジェクトの作成 ​ウィザードが開きます。
  3. Screens テンプレートを選択して、「 次へ 」をクリックします。
  4. プロパティ( タイトル ​および​ 名前 )を必要に応じて入力し、「 作成 」をクリックします。
初期構造には、デフォルトで、 スケジュール ロケーション アプリケーション チャネル デバイス ​の各マスターページが含まれていますが、必要に応じて手動で調整できます。使用可能なオプションがプロジェクトに関係ない場合は、そのオプションを削除できます。
プロジェクトが作成され、Screens プロジェクトコンソールに戻ります。これでプロジェクトを選択できます。
下の図に示すように、プロジェクトには 4 種類のフォルダーがあります。
  • スケジュール
  • ロケーション
  • アプリ管理
  • チャネル
  • デバイス

プロパティの表示

Screens プロジェクトを作成したら、アクションバーの「 プロパティ 」をクリックして、既存の AEM Screens プロジェクトのプロパティを編集します。
次のオプションで、 DemoProject のプロパティを編集または変更できます。

カスタムフォルダーの作成

プロジェクトで使用可能な​ スケジュール ロケーション アプリケーション チャネル デバイス ​の各マスターページの下に独自のカスタムフォルダーを作成することもできます。
カスタムフォルダーを作成するには:
  1. プロジェクトを選択し、アクションバーのプラスアイコンの横にある「 作成 」をクリックします。
  2. 作成 ​ウィザードが開いて、適切なオプションを選択します。
  3. 次へ 」をクリックします。
  4. プロパティを入力して、「 作成 」をクリックします。
以下の手順では、 DemoProject で​ アプリケーション ​マスターページにアプリケーションフォルダーを作成します。

次の手順

独自のプロジェクトを作成したら、 チャネル管理 を参照して、チャネルのコンテンツを作成および管理します。
さらに、独自のスケジュール、アプリケーション、ロケーション、デバイスを作成できます。