Show Menu
トピック×

緊急チャネル

使用例の説明

ここでは、緊急チャネルの作成と管理に重点を置いた使用例について説明します。事前条件が成立した場合、コンテンツ作成者はシーケンスチャネルから緊急チャネルに切り替えることができます。

前提条件

この使用例を開始する前に、以下をおこなう方法を理解しておく必要があります。

主要なアクター

コンテンツ作成者

基本フロー:プロジェクトのセットアップ

緊急チャネルをセットアップするには、以下の手順に従います。
  1. EmergencyChannel という名前の AEM Screens プロジェクトを作成します(下図を参照)。
    AEM Screens でのプロジェクトの作成と管理について詳しくは、プロジェクトの作成と管理を参照してください。
  2. シーケンスチャネルを作成する
    1. チャネル ​フォルダーを選択し、「 作成 」をクリックしてチャネル作成用ウィザードを開きます。
    2. ウィザードで「 シーケンスチャネル 」を選択し、 MainAdChannel というタイトルのチャネルを作成します。
  3. シーケンスチャネルにコンテンツを追加する
    1. チャネル( MainAdChannel )を選択します。
    2. アクションバーの「 編集 」をクリックして、エディターを開きます。アセットをいくつかチャネルにドラッグ&ドロップします。
  4. 緊急チャネルを作成する
    1. チャネル ​フォルダーを選択します。
    2. 作成 」クリックして、チャネル作成用ウィザードを開きます。
    3. ウィザードで「 シーケンスチャネル 」を選択し、 EmergencyChannel というタイトルのチャネルを作成します。
    通常、緊急チャネルは既存の実稼動プロジェクトに追加されます。
  5. 緊急チャネルにコンテンツを追加する
    1. チャネル( EmergencyChannel )を選択します。
    2. アクションバーの「 編集 」をクリックして、エディターを開きます。緊急時に実行するアセットをチャネルにドラッグ&ドロップします。
  6. ロケーションの作成
    1. ロケーション ​フォルダーに移動します。
    2. アクションバーの「 作成 」をクリックし、ウィザードから Store というタイトルのロケーションを作成します。
  7. ロケーションにディスプレイを作成する
    ロケーション( Store )に移動し、アクションバーの「 作成 」をクリックします。ウィザードに従って、 StoreFront および StoreRear というタイトルの 2 つの​ ディスプレイ ​を作成します。
  8. スケジュールの作成
    1. スケジュール ​フォルダーに移動します。
    2. アクションバーの「 作成 」をクリックします。ウィザードに従って、 StoreSchedule というタイトルのスケジュールを作成します。
  9. スケジュールに両方のディスプレイを割り当て優先度を設定する
    1. スケジュール( StoreSchedule )を選択し、アクションバーの「 ダッシュボード 」をクリックします。
    2. 割り当てられたチャネル ​パネルで「 + チャネルを割り当て 」をクリックします。
    3. チャネル割り当て ​ダイアログボックスで、次の操作をおこないます。
      1. MainAdChannel へのパスを選択します。
      2. 優先度 」を「2」に設定します。
      3. 「サポートされているイベント」として「 最初の読み込み 」および「 待機中画面 」を設定します。
      4. 保存 」をクリックします。 同様に、同じ手順を繰り返して EmergencyChannel を割り当て、その「 優先度 」を設定する必要があります。
    優先度は、複数の割り当てが再生条件に一致する場合に、割り当ての順序付けをおこなうために使用します。最高値のものが低い値よりも常に優先されます。
  10. 割り当てられたチャネル ​パネルで「 + チャネルを割り当て 」をクリックします。
  11. チャネル割り当て ​ダイアログボックスで、次の操作をおこないます。
    1. EmergencyChannel へのパスを選択します。
    2. 優先度 」を「1」に設定します。
    3. 「サポートされているイベント」として、「 最初の読み込み 」、「 待機中画面 」、「 ユーザーインタラクション 」を設定します。
    4. 保存 」をクリックします。
    割り当てられたチャネルを StoreSchedule のダッシュボードで確認できます。
  12. 各ディスプレイへのスケジュールの割り当て
    1. 各ディスプレイに移動します( EmergencyChannel Locations Store StoreFront など)。
    2. アクションバーの「 ダッシュボード 」をクリックして、ディスプレイダッシュボードを開きます。
    3. 割り当てられたチャネルとスケジュール ​パネルで「 ... 」をクリックし、さらに「 + スケジュールを割り当て 」をクリックします。
    4. スケジュールのパスを選択します(例: EmergencyChannel Schedules StoreSchedule )。
    5. 保存 」をクリックします。 ディスプレイに割り当てられたスケジュールを StoreSchedule のダッシュボードで確認できます。
  13. デバイスの登録
    デバイス登録プロセスを完了します。登録が完了すると、AEM Screens Player に次の出力が表示されます。

緊急チャネルへの切り替え

緊急の場合には、以下の手順を実行します。
  1. EmergencyChannel Schedules StoreSchedule に移動し、アクションバーの「 ダッシュボード 」をクリックします。
  2. StoreSchedule のダッシュボードで EmergencyChannel を選択し、「 割り当てを編集 」をクリックします。
  3. チャネル割り当て ​ダイアログボックスで、 EmergencyChannel の「 優先度 」を「 3 」に更新し、「 保存 」をクリックします。
  4. チャネルの優先度が更新され次第、すべての AEM Screens Player に EmergencyChannel コンテンツが表示されます(下図を参照)。

まとめ

コンテンツ作成者が優先度の値を 1 にリセットするまで、 EmergencyChannel には引き続きコンテンツが表示されます。
コンテンツ作成者は、緊急事態が解除されたという通知を受け取ったら、 MainAdChannel の優先度を更新する必要があります。その結果、通常の再生が再開されます。