Show Menu
トピック×

接客業向けの予約状況に応じたアクティブ化

以下の使用例では、Google シートに入力された値に基づく、接客業向けの予約状況に応じたアクティブ化を示しています。

説明

この使用例では、 Restarant1 および Restarant2 という 2 つのレストランの予約率が Google シートに入力されています。Restarant1 と Restarant2 の値に基づいて数式が適用され、その数式に基づいて、値 1 または値 2 が AdTarget 列に割り当てられます。
Restaurant1 の値が Restaurant2 の値より大きい場合は、 AdTaget に値 1 が割り当てられ、それ以外の場合は、 AdTarget に値 2 が割り当てられます。値 1 の場合はディスプレイの画面に​ ステーキ料理 ​のオプションが表示され、値 2 の場合は​ タイ料理 ​のオプションが表示されます。

前提条件

予約状況に応じたアクティブ化の実装を開始する前に、AEM Screens プロジェクトで​***データストア​***、 オーディエンスのセグメント化 、***チャネルのターゲティングの有効化​***をセットアップする方法を理解しておく必要があります。
詳しくは、 AEM Screens プロジェクトでの ContextHub の設定 を参照してください。

基本フロー

AEM Screens プロジェクトに「接客業向けの予約状況に応じたアクティブ化」の使用例を実装するには、以下の手順に従います。
  1. Google シートにデータを入力し数式を追加する
    例えば、3 列目の AdTarget に数式を適用します(下図を参照)。
  2. 要件に従ってオーディエンスのセグメントを設定する
    1. オーディエンスのセグメントに移動します(詳しくは、***AEM Screens プロジェクトでの ContextHub の設定​* 手順 2:オーディエンスのセグメント化のセットアップ **を参照してください)。
    2. Sheets A1 1 」を選択し、「 編集 」をクリックします。
    3. 比較プロパティを選択し、設定アイコンをクリックしてプロパティを編集します。
    4. プロパティ名 」のドロップダウンから「 googlesheets/value/1/2 」を選択します。
    5. 演算子 」のドロップダウンメニューから「 次と等しい 」を選択します。
    6. 」に「 1 」を入力します。
    7. 同様に、「 Sheets A1 2 」を選択し、「 編集 」をクリックします。
    8. 比較プロパティを選択し、設定アイコンをクリックしてプロパティを編集します。
    9. プロパティ名 」のドロップダウンから「 googlesheets/value/1/2 」を選択します。
    10. 演算子 」として「 2 」を選択します。
  3. チャネルに移動して選択し、アクションバーの「 編集 」をクリックします。次の例では、 DataDrivenRestarant というシーケンスチャネルを使用して機能を紹介しています。
    チャネルには既にデフォルトの画像が存在し、 AEM Screens プロジェクトでの ContextHub の設定 で説明しているとおりにオーディエンスが事前設定されています。
    チャネルの​ プロパティ ​を開き、「 パーソナライズ機能 」タブを使用して「 ContextHub 設定 」をセットアップしておいてください。
  4. エディターから「 ターゲット設定 」を選択し、「 ブランド 」を選択してドロップダウンメニューから「 アクティビティ 」を選択します。次に、「 ターゲット設定を開始 」をクリックします。
  5. プレビューを確認する
    1. プレビュー 」をクリックします。また、Google シートを開き、値を更新します。
    2. Restaurant1 列と Restaurant2 列の値を更新します。 Restaurant1 の値が Restaurant2 の値より大きい場合は、スクリーンに​ ステーキ料理 ​の画像が表示され、それ以外の場合は、 タイ料理 ​の画像が表示されます。