Show Menu
トピック×

第 1 部:プロジェクト上の役割と責務

このページは 5 部構成のシリーズの第 1 部で、デジタルサイネージプロジェクトのセールスおよびプロジェクトのライフサイクルで必要な役割、責務、タイムラインをチームメンバーがより深く理解できる内容になっています。

概要

以下のチュートリアルでは、アドビ、AEM 実装担当者、AVインテグレーターのプロジェクト上の役割と責務を大まかに説明します。後に続くエピソードを参照すると、AEM Screens のビジネス機会をうまく開発し長期的な成功を収めることができるようにデプロイする方法の概要を包括的に把握できます。
配信プロセスを通じて関与する主要なグループは次の 3 つです。
  • アドビ
  • AV インテグレーター
  • AEM 実装チーム
パフォーマンスの問題への対処における役割を明確に定義したうえで、AEM Screens のデプロイメントと問題解決ワークフローに対するそれぞれの関係先の関わりをすべての関係者が正確に理解することが重要です。

デジタルサイネージプロジェクトに関与する役割の概要

アドビ、AEM 実装担当者、AV インテグレーターと協力してアプリケーションのユースケースパラメーターを定義することで、ソフトウェア開発の範囲が広がります。これにより、プロジェクト全体を通して特定されるパフォーマンスベンチマークと成功指標に基づく段階的アプローチが確立されます。

アドビ

「アドビ」には、CSE(カスタマーサクセスエンジニア)やアドビサポートなどの Adobe Managed Services 担当者が含まれます。

AEM 実装担当者

AEM 実装担当者 ​は、AEM のユーザーエクスペリエンス、カスタムテンプレートおよびバックエンド統合を開発するための開発タスクおよび統合タスクを実行します。
エンドカスタマー UX(ユーザーエクスペリエンス)を左右する要因に対応するうえで必要なカスタム機能も、このプロセスを通じて特定および提供されます。
AEM 実装担当者は、通常、段階的にカスタム機能を適所に導入します。例えば、基本的なループビデオや静的なグラフィックコンテンツの再生のサポートをまず確立します。次の段階では、動的テンプレートやメタデータタグを使用してローカライズされたコンテンツの再生をサポートする機能を有効にし、さらに別の段階で、タッチスクリーンを介したインタラクティブ要素、センサー、動的トリガーなどのサポートを組み込みます。

AV インテグレーター

AV インテグレーター ​は、デジタルサイネージハードウェアのデプロイメントを設計、構築および効果的に管理するために、エンドカスタマーと共に洗い出し作業をおこなって、プロジェクト範囲を決定する要件を定義します。

第 1 部:プロジェクト上の役割と責務に関するビデオチュートリアル

パフォーマンスの問題への対処における役割を明確に定義したうえで、AEM Screens のデプロイメントと問題解決ワークフローに対するそれぞれの関係先の関わりを正確に理解するには、次のチュートリアルを参照してください。

第 1 部:プロジェクト上の役割と責務


アドビ、AV インテグレーター、AEM 実装担当者の役割と責務について学びます。

次のステップ

デジタルサイネージプロジェクトの実装におけるプロジェクト上の役割と責務を理解したら、次のチュートリアルを参照します。このチュートリアルでは、AEM Screens のビジネス機会の開発においてプロジェクト範囲を定義する際のテストおよびプリセールスの検討事項などについて詳しく説明しています。
詳しくは、 第 2 部:プロジェクト範囲を定義する際の検討事項 ​を参照してください。