Show Menu
トピック×

第 5 部:サポートに関する考慮事項

このページは 5 部構成のシリーズの第 5 部で、ハードウェア、ソフトウェア、接続の問題に対処する方法をチームメンバーが学ぶうえで役に立つ内容になっています。このフェーズでは、オンサイトサポートのコスト見積りとフレームワークを調べます。さらに、SLA パラメーター、運用予算、NOC ハンドオフの管理方法についても説明します。

概要

以下が完了すると、Day 2 が始まります。
  • 現場へのプロジェクトのデプロイメント
  • インストール技術者と NOC(Network Operations Center)によるデバイスの接続と動作の検証
Day 2 の開始前に、継続的なライフサイクル予算の計画立案を実行する必要があります。
計画立案作業には、次の項目が含まれます。
  • ハードウェア、ソフトウェア、接続の障害への対処
  • 問題解決コストとエンドクライアントのビジネス要件とのバランス
  • ネットワークを介した問題の修正に最適な方法の特定
  • Day 2 のサポート計画立案時における AEM 実装担当者と AV インテグレーターの連携の促進

Day 2 でのサポートに関する主要な考慮事項の概要

Day 2 でのサポートに関する主要な考慮事項は次のとおりです。
  • 実装から運用サポートへの連携とスムーズな移行を確実におこなうために、AEM 実装担当者は AV インテグレーターと協力して、Day 2 のサポート計画の一部として適切なサポートスクリプトを必ず定義する必要があります。
  • リモートデバイス管理、ヘルプデスクの利用度、オンサイト技術者によるサポートなどの要件は、デジタルサイネージ業界の発展の現段階では実質的に当たり前のことになっています。AV インテグレーターは、これらの基本的なニーズに加えて、監視とサポートに関する事前対応型モデルと事後対応型モデルのコスト変数の比較についても検討する必要があります。
  • リモートデバイス管理、ヘルプデスクの利用度、オンサイト技術者によるサポートなどの要件は、デジタルサイネージ業界の発展の現段階では実質的に当たり前のことになっています。AV インテグレーターは、これらの基本的なニーズに加えて、監視とサポートに関する事前対応型モデルと事後対応型モデルのコスト変数の比較についても検討する必要があります。
  • 長期的な成功に備えるために、AV インテグレーターと協力して Day 2 のサポートレベル契約(「SLA」とも呼ばれる)を締結することが最も重要です。SLA は、デプロイメント後のサポートサービスを詳細に記述し、顧客の期待事項を設定するのに役立ちます。
  • 複数のネットワークを適切に管理するために使用される主なリソースはナレッジベースです。SharePoint は、この種のリソースで一般的に使用されるプラットフォームです。ナレッジベースには、NOC に届いた問題解決リクエストを一貫した方法で処理できるよう、NOC 担当者が従うべき Q&A が事前に用意されています。ナレッジベースには、通常、ハードウェアのカットシートやシステムソフトウェアの参考資料など、システム設定とサイトの場所に関する参考資料が含まれています。
  • 監視および管理機能は、メディアプレーヤーのオペレーティングシステムとスクリーンの機能に大きく依存しています。Windows オペレーティングシステムでは、きめ細かい機能を提供しています。Android または iOS デバイスで動作するデプロイメントの場合は、モバイルデバイス管理(MDM)が使用されます。
  • メディアプレイヤーとは無関係にスクリーンを監視する機能を提供しているスクリーンメーカーもあれば、外部デバイスが要件になっているメーカーもあります。
  • AV インテグレーターは複数のテクノロジーを融合して活用しているため、ソリューションの柔軟性が高く、エンドクライアントのニーズに最も適切に対応できます。

第 5 部:サポートに関する考慮事項のビデオチュートリアル

5 部構成シリーズの最後となるこのチュートリアルでは、実装から運用サポートへの連携とスムーズな移行の確実な実施について重点的に説明しています。また、AEM 実装担当者が AV インテグレーターと協力して、適切なサポートスクリプトを Day 2 のサポート計画の一部として確実に定義する必要がある点についても説明します。

プロジェクトの検討事項


ハードウェア、ソフトウェア、接続に関する問題に対処する方法について説明します。**​オンサイトサポートのコスト見積もりとフレームワークを検討します。

まとめ

この 5 部構成のシリーズでは、プロジェクトを確実に成功させるうえで欠かせない重要な考慮事項を重点的に取り上げています。実装の詳細については、AEM Screens ユーザーガイドの他の節を参照してください。