Show Menu
トピック×

第 3 部:テスト、POC、パイロット、ロールアウト

このページは 5 部構成のシリーズの第 3 部で、ソリューションの開発を成功に導くうえで非常に重要な主要用語をロールアウト前にチームメンバーがより深く理解できる内容になっています。

概要

このチュートリアルでは、プロジェクト計画の導入を成功させるうえで重要な以下のポイントについて説明します。
  • 全体的なプロジェクト計画の一部として過小評価されることが多い分野を特定します。例えば、以下が含まれます。
  • ハードウェアのラボテストとパフォーマンスの検証に関するアクション
  • システムとソフトウェアの統合テスト
  • 概念実証(POC とも呼ばれる)とパイロットプログラム
  • エンドツーエンドテスト
デジタルサイネージの大規模な導入の場合、一般的な販売サイクルは 9~18 ヶ月に及ぶ可能性があります。最終的なタイムラインに影響を与える要因は多数ありますが、その中でも特に重要なのは、エンドクライアントが成功を定量的に評価する方法と、新しいソリューションの導入時におけるビジネスパートナーのリスク回避傾向です。
例えば、小売環境でのデジタルサイネージプログラムであれば、関係者には、店舗内マーケティング、店舗環境またはビジュアルマーチャンダイジング、店舗運営、IT セキュリティ、IT サポート、商品カテゴリマーチャントおよびサプライヤ(ソリューションに共同出資している場合あり)などが含まれるでしょう。

プロジェクト計画全体に関係する主要用語の概要

この節では、プロジェクトサイクル、ハードウェアテストに関係するアクション、概念実証、パイロット、ロールアウトなど、プロジェクト計画全体にかかわる重要な用語の概要を説明します。

概念実証(POC)

POC の目的は、ソリューションの主要機能に関する初期のフィードバックを得て、エンドクライアントと AV インテグレーターの双方が改善可能な分野を特定し、労務要件やリソース需要に関する前提条件を準備できるようにすることです。また、両者にとって、POC はソリューションのパフォーマンスを評価する機会となります。パフォーマンスは通常、以下を通じて測定されます。

品質管理

システムとソフトウェアの統合テストは、AV インテグレーターの IT エンジニアリングチームで開始されます。IT エンジニアリングチームは、承認されたシステム設計を参考に、AV インテグレータの施設の「ラボ環境」でハードウェアコンポーネントのインストールを設定、実行、管理します。これにより、品質管理を目的としたソリューション全体の詳細なレビューとテストが可能になります。
QC(品質管理)テストが完了したら、Day 2 でのサポート期間中に、IT エンジニアリングチームはドキュメント、ワークフロー、トレーニング資料を参照用に作成します。テストの対象となるシステムの側面は次のとおりです。
  • AEM 実装担当者による統合
  • サードパーティシステムとの統合
  • ソフトウェア
  • ハードウェア
  • 接続
  • 手動、自動、条件付きデプロイメントなどのコンテンツデプロイメントワークフロー

第 3 部:テスト、POC、パイロット、ロールアウトに関するビデオチュートリアル

テスト、概念実証、パイロットプログラム、ロールアウトについては、以下のチュートリアルを参照してください。
全体的なプロジェクト計画の一部として、これらすべての段階を検討すると、顧客の期待事項を管理し、AEM Screens 導入に対する投資の評価ポイントを特定するのに役立ちます。

テスト、POC、パイロット、ロールアウト


プロジェクトサイクル、ハードウェアテストに関係するアクション、概念実証、パイロット、ロールアウトなど、プロジェクト計画全体にかかわる重要な用語について説明します。

次のステップ

テスト、概念実証、パイロットプログラム、ロールアウトを十分に理解したら、次のチュートリアルを参照します。このチュートリアルでは、プロジェクト管理と関連プロセスについて詳しく説明しています。
詳しくは、 第 4 部:プロジェクトの管理とデプロイメント ​を参照してください。