Show Menu
トピック×

機能パック 201909 のリリースノート

最新バージョンの Adobe Experience Manager(AEM)にアップグレードすることをお勧めします。Screens では、AEM 6.3 Screens プラットフォームのメンテナンスサポートを提供しています。
AEM 6.4.6 機能パック 6 および AEM 6.5.2 機能パック 2 向けの AEM Screens がリリースされました。詳細は以下のとおりです。

リリース日

AEM Screens 機能パック 201909 のリリース日は 2019 年 10 月 7 日です。

新機能

  • Screens プロジェクト作成用 UI の機能強化
    新しい Screens プロジェクトを作成するための最新のユーザーインターフェイスが利用できるようになりました。数回クリックするだけで新しい Screens プロジェクトを作成できます。さらに、各プロジェクトの「プロパティ」タブは、より直感的なユーザーインターフェイスになりました。
    詳しくは、 新しい Screens プロジェクトの作成 を参照してください。
  • デバイスダッシュボードの機能強化
    デバイスダッシュボードには、デバイスのアクティビティや機能を監視できるように、デバイス情報、ステータス、スクリーンショット、ログ、環境設定およびデバイス詳細が表示されます。パネルが更新されました。
  • キーボード操作を可能にするタイムアウトの有効化
    タッチパネルの代わりに、リモートコントロールデバイスを有効にできます。タッチして操作後、アクティビティのタイムアウトでキーボード入力が処理されます。
  • エクスペリエンスフラグメントでのオフライン設定
    Screens エクスペリエンスフラグメントの設定時に、オフライン設定(クライアント側ライブラリや静的ファイル)を追加できるようになりました。詳しくは、 エクスペリエンスフラグメントの使用 を参照してください。

リリースされている AEM Screens Player

AEM 6.4.6 機能パック 6 および AEM 6.5.2 機能パック 2 向けに、次の AEM Screens Player がリリースされています。
  • Chrome OS
  • Windows
  • Android

AEM Screens Player のダウンロード

最新の AEM Screens Player のダウンロードとバグ修正について詳しくは、 AEM Screens Player のダウンロード を参照してください。