Show Menu
トピック×

機能パック 201905 のリリースノート

最新バージョンの Adobe Experience Manager(AEM)にアップグレードすることをお勧めします。Screens では、AEM 6.3 Screens プラットフォームのメンテナンスサポートを提供しています。
AEM 6.3.3.3 機能パック 6 および AEM 6.4.4.0 機能パック 4 向けの AEM Screens がリリースされました。詳細は以下のとおりです。

リリース日

AEM Screens 機能パック 201905 のリリース日は 2019 年 5 月 16 日です。

新機能

  • プロジェクトインポーター
プロジェクトインポーターは、AEM Screens で利用できる機能で、ユーザーは CSV/XLS スプレッドシートから AEM Screens プロジェクトに一連のロケーションを一括で読み込むことができます。
  • コンテンツ同期からスマート同期への移行
スマート同期で、サーバー負荷/ストレージとネットワークトラフィックを最小限に抑えてコストを削減できます。
詳しくは、 コンテンツ同期からスマート同期への移行 ​を参照してください。
  • 緊急チャネル
この使用例では、緊急チャネルの作成と管理に重点を置いています。事前条件が成立した場合、コンテンツ作成者はシーケンスチャネルから緊急チャネルに切り替えることができます。
詳しくは、 緊急チャネル ​の使用例を参照してください。
  • AEM SPA Editor を使用した React アプリケーションの埋め込みと AEM Screens Analytics との統合
ここでは、AEM でビジネスプロフェッショナルが設定できる AEM SPA Editor を使用して React(または Angular)ベースのインタラクティブなシングルページアプリケーションを埋め込む方法について説明します。また、インタラクティブアプリケーションをオフライン Adobe Analytics と統合する方法についても説明します。

リリースされている AEM Screens Player

AEM 6.3.3.3 機能パック 6 および AEM 6.4.4.0 機能パック 4 向けに、次の AEM Screens Player がリリースされています。
  • Chrome OS
  • Windows
  • Android

AEM Screens Player のダウンロード

最新の AEM Screens Player のダウンロードとバグ修正について詳しくは、 AEM Screens Player のダウンロード ​を参照してください。