Show Menu
トピック×

機能パック 201809 のリリースノート

最新バージョンの Adobe Experience Manager(AEM)にアップグレードすることをお勧めします。Screens では、AEM 6.3 Screens プラットフォームのメンテナンスサポートを提供しています。
AEM 6.4.2 機能パック 2 および AEM 6.3.3 機能パック 4 向けの AEM Screens がリリースされました。詳細は以下のとおりです。

リリース日

AEM Screens 機能パック 201809 のリリース日は 2018 年 10 月 1 日です。

新機能

  • Adobe Analytics の再生検証レポート :詳しくは、 Adobe Analytics と AEM Screens の統合 を参照してください。
  • Adobe Analytics との連携によりプレーヤーでの再生イベントのキャッシングと Adobe Analytics への送信が可能 :詳しくは、 AEM Screens と連携する Adobe Analytics の設定 を参照してください。
  • オフラインコンテンツの一括更新 :すべてのチャネルを一括更新でき、特定のチャネルに移動してコンテンツを更新する手間を省くことができます。詳しくは、 オフライン一括更新 を参照してください。
  • パブリッシュインスタンスへのチャネルの一括公開
  • プレーヤーのログメカニズムの機能強化 :AEM Screens Player の最大ログファイル数を指定できます。詳しくは、 AEM Screens Player での作業 を参照してください。
  • オーサー/パブリッシュのデプロイメント(堅牢化)

リリースされている AEM Screens Player

AEM 6.4.2 機能パック 2 および AEM 6.3.3 機能パック 4 向けに、次の AEM Screens Player がリリースされています。
  • Chrome OS
  • Windows
  • Android
  • iOS

AEM Screens Player のダウンロード

最新の AEM Screens Player のダウンロードとバグ修正について詳しくは、 AEM Screens Player のダウンロード を参照してください。