Show Menu
トピック×

直接インターネットネットワーク(有線/ワイヤレス)

直接インターネットネットワークには、AEM Screens が接続する必要のある AEM クラウドサービスにアクセスするための、インターネットアクセスのエントリアクセスポイントが含まれています。
AEM Screens 通信用の標準ポートは次のとおりです。
  • ssl-secured https (TCP Port 443)
    または、
  • このレベルのセキュリティが必要ない場合は、 http (TCP Port 80) を使用します。
ポートは、専用の AEM 設定のセットアップによって異なる場合があります。このセットアップ内では、次の図に示すように、すべてのデバイスがインターネットルーターに直接接続されています。
この設定には、任意のインターネットサービスプロバイダー(ISP)によるインターネットアクセス(インターネット回線)も含まれています。ほとんどの ISP は、インターネットモデム、ネットワークスイッチ、Wi-Fi アクセスポイント、ファイアウォールおよびその他のネットワーク機能(製造元とモデルに応じて異なります)に対応するインターネットルーターを提供しています。

AEM Screens Player の直接インターネットアクセスへの接続

この設定で AEM Screen のプレーヤーが正しく接続されていることを確認するには、次の手順に従います。
  1. 各 AEM Screen プレイヤーがルーターのネットワークに接続されていることを確認します。
  2. システムブラウザーで URL を呼び出して、インターネット接続をテストします。
    エラーが発生した場合は、ネットワーク設定を確認してください。適切なネットワーク接続をおこなうには、基本的に次の 2 つのオプションがあります。
    • DHCP
    • 手動による IP 設定
  3. ネットワークアダプタの設定がルーターの設定と一致していることを確認し、ネットワーク内の使用可能な IP アドレスの最大数に達していないかどうかを確認します。
  4. ルーターが ISP ワイドエリアネットワーク(インターネットリンク)に正しく接続されているかどうかを確認します。これは、標準ルーターの信号 LED を使用して識別することもできます。
  5. URL 呼び出しが成功した場合は、AEM Screens のインストールを続行し、登録をおこなうことができます。AEM Screens を開始します。
    トラブルシューティングのヒント AEM Screens が正しく接続されず、期待した内容が表示されない場合:
    1. インターネットルーターファイアウォールに TCP/IP Port 80/443 に関する制限があるかどうかを確認します。
    2. 必要なポートがすべて許可されていることを確認します。

直接アクセスネットワークの設定

直接インターネットネットワークは、次の 2 つのブロックに論理的に分割されます。
  • ワイドエリアネットワーク
  • ローカルエリアネットワーク

ワイドエリアネットワーク

このインターネット接続は、ネットワーク到達性に加えて、AEM Screens を動作させるのに十分な帯域幅を提供する性能を備えています。
十分 ​であるかどうかは、接続されている AEM Screens の数と、スマートフォン、タブレット、レジ、コンピューター、ゲスト Wi-Fi ネットワークなど、ネットワーク内の他のユーザーデバイスの使用状況によって異なります。
上記のすべてのデバイスは、インターネット接続への同時アクセスが可能で、ネットワークに接続する消費者またはコンピュータを増やすと帯域幅が直線的に減少します。

ローカルエリアネットワーク

ローカルエリアネットワーク(LAN)は、ネットワーク到達性に加えて、AEM Screens を動作させるのに十分な帯域幅を提供します。
LAN ネットワークは通常、100 Mbps 以上のネットワークに一致するため、多くのデバイスを接続するのに十分な帯域幅が確保され、システムに対して優れたパフォーマンスを発揮します。 Wi-Fi ソリューションで AEM Screens をインターネットリンクに接続することを想定している場合、最低でも IEEE 802.11g などの最新の Wi-Fi 標準を使用することをお勧めします。この標準では、最大 54 Mbit までの接続をサポートします。 802.11h-n のような​ 新しい ​標準はどれも高品質です。
Wi-Fi リピーターが必要な場合は、Google Nest Mesh Wi-Fi などのメッシュ Wi-Fi アクセスポイントを使用することを強くお勧めします。その他の Wi-Fi リピーターテクノロジーでは、最終的にネットワーク全体の帯域幅が大幅に失われます。

メディアとアセットのダウンロード

AEM Screens は、デジタルサイネージの利用者に大きなメリットをもたらします。画像やビデオなど、必要なメディアファイルはすべてダウンロードされ、ローカルに保存されます。主なネットワークトラフィックは、特定のディスプレイに表示される新しいコンテンツがある場合に発生します。
通常の操作(日中頻繁に更新される定義済みのプレイリストがある場合など)については、すべてのファイルがプレイヤーに保存されると、ネットワークに依存しない操作に近いパフォーマンスを発揮します。
センサーやトリガーや動的コンテンツとのやり取りが多い場合、画面の即時応答で最高の顧客体験を保証するには、高速で信頼性の高いネットワーク接続が不可欠です。
ネットワーク接続の主要データの概要を次の表に示します。
インターネットソースをリクエストしてダウンロードするネットワーク内の各デバイスの消費量が、この情報からわかります。これらのリクエストがすべて合計されて、ダウンロード時間が延長されます。