Show Menu
トピック×

UX ジャーニーマップ

このアクティビティの典型的な関係者は、マーケティング/ビジネスストラテジストです。
ユーザーエクスペリエンスジャーニーマップは、ネットワークで配信されるデジタルコンテンツをユーザーが体験する方法と理由をわかりやすく視覚化することを目的としています。

UX ジャーニーマップの作成

物理空間で消費者がデジタルサイネージネットワークとどのようにやり取りするかをよく理解することは、そのネットワークで成功と価値を実現するうえで不可欠です。また、顧客が経験する他のあらゆるチャネルのコンテキスト内でデジタルエクスペリエンスがどのように利用されるかを理解するのにも役に立ちます。
UX ジャーニーマップは、訪問者が物理空間をどのように移動するか、どのような要素を経験するか、ネットワークで実現されるデジタルエクスペリエンスがジャーニー全体のギャップをどのように埋めるかを視覚化する非常に優れた方法です。
プロジェクトのこの段階では、動的コンテンツやインタラクティブコンテンツのプロトタイプを後で作成できるように、コンテンツのオプションや依存関係を定義することができます。これには、ネットワークで配信されるインタラクション、データトリガーまたはループセグメントごとのストーリーボードに加えて、戦略概要で定義された KPI も含まれます。
店舗でのカスタマージャーニーの様々な局面におけるデジタル要素の物理的な配置や、実際に提供されるデジタルエクスペリエンスをプロジェクトリーダーや主要関係者が試すことができるようにすることをお勧めします。
パイロット中に分析データの収集を開始すると、達成を目指す特定の指標に照らして、ビジネスチームがソリューションの成否を検証できるようになります。パイロットのパフォーマンスを把握することで、ビジネスチームは必要な改善点を特定できます。