Show Menu
トピック×

プラットフォームへの移行

このアクティビティの典型的な関係者は、AEM 実装担当者です。
プロジェクトが戦略的なビジョンからワイヤーフレーム化された現実へと進むにつれて、デプロイできる Screens プロジェクトを AEM で実際に作成するのに必要なタスクの準備を始める必要があります。
その一環として、プラットフォーム固有の設定を、プロトタイプ段階で大まかに定義した要件にマッピングする必要があります。
例えば、以下のものをいつどのように使用するかといったことです。
  • エクスペリエンスフラグメント (コンテンツのグループ化を作成するため)
  • コンテンツフラグメント (テキストのバリエーションを作成するため)
  • Context Hub (インタラクティブなエクスペリエンスの外部データストアや SPA を作成するため)
  • OSGI サービス (ネットワークアラート用)
  • アセットリンク (Creative Cloud ソーシング用)
  • ネットワークフォルダー (アセット割り当て用)
  • テキストオーバーレイ (リアルタイムデータ用)
  • スケジュール (ディスプレイ/チャネルグループ化のため)
  • ワークフロー (自動コンテンツ編集用)
このフェーズでは、注意が必要なすべての必須タスクおよびアクティビティを確認し適切に文書化して、割り当てたタスクをデプロイメントフェーズで適切に追跡できるようにすることが重要です。
また、このフェーズでは、事前に定義されたすべてのアクティビティを自動化可能な候補としてレビューする必要もあります。