Show Menu
トピック×

プロジェクト上の役割と責務

AEM の実装経験が豊富であれば、 作成者 開発者 IT/技術者 ​と呼ばれる役割をご存じでしょう。
一般的な AEM Screens プロジェクトでは、プロジェクトでそれぞれ重要な目的を果たすように、役割がさらに絞り込まれています。
このガイド全体を通して言及される役割を次の図に示します。
これらの役割の多くは、各プロジェクトの設定方法に応じて、社内で割り当てるかアウトソーシングされるかのどちらかになります。

役割の定義

次の節では、ターゲットオーディエンスの概要を説明します。

アドビ

「アドビ」には、CSE(カスタマーサクセスエンジニア)やアドビサポートなどの Adobe Managed Services 担当者が含まれます。

AEM 実装担当者

「AEM 実装担当者」は、AEM のユーザーエクスペリエンス、カスタムテンプレートおよびバックエンド統合を開発するための開発タスクおよび統合タスクを実行します。
エンドカスタマー UX(ユーザーエクスペリエンス)を左右する要因に対応するうえで必要なカスタム機能も、このプロセスを通じて特定および提供されます。
AEM 実装担当者は、通常、段階的にカスタム機能を適所に導入します。例えば、基本的なループビデオや静的なグラフィックコンテンツの再生のサポートをまず確立します。次の段階では、動的テンプレートやメタデータタグを使用してローカライズされたコンテンツの再生をサポートする機能を有効にし、さらに別の段階で、タッチスクリーンを介したインタラクティブ要素、センサー、動的トリガーなどのサポートを組み込みます。

AV インテグレーター

AV インテグレーターは、ハードウェアベンダー/パートナーです。これは、ハードウェアの購入、設定、導入など、小売設計とサイト準備を担当する関係者です。通常は、ネットワークオペレーションセンター(NOC)にアクセスできる契約サードパーティです。多くの場合、運用開始後も継続的に関与するので、AV インテグレーターはプロジェクト所有者になります。
AV インテグレーターは、デジタルサイネージハードウェアの導入を設計、構築および効果的に管理するために、エンドカスタマーと共に洗い出し作業をおこなって、プロジェクト範囲を決定する要件を定義します。

ハードウェアパートナーの検討

適切なハードウェアパートナーを選択することが非常に重要です。以下の質問について検討する必要があります。
  1. サービスレベル契約の条項はどうなっていますか?
  2. グローバルカバレッジはどうなっていますか?
  3. 24 時間サポートですか?
  4. デバイスはどのように管理されますか?
  5. アクティブな監視および警告システムはどうなっていますか?

ビジネスストラテジスト

ビジネスストラテジストは、企業の意思決定者を表します。この役割は、洗い出し段階と要件定義段階に深く関わっており、プロジェクトの主要な推進要因になります。
要件の定義と KPI 指標の設定を担当します。ビジネスストラテジストとなる可能性のある関係者は次のとおりです。
  • マーケティングまたはセールスマネージャー
  • デジタル戦略マネージャー、クリエイティブ/コンテンツ管理チーム
クリエイティブおよびコンテンツ管理チームはビジネスストラテジストと緊密に連携し、要件をクライアントエクスペリエンスに変えます。UX 全体のデザインを推進し、ブランドを補完するコンテンツのキュレーションをおこないます。
クリエイティブおよびコンテンツ管理チームとなる可能性のある関係者は次のとおりです。
  • クリエイティブエージェンシー
  • ブランドマネージャー

プロジェクトマネージャー

通常、プロジェクトマネージャーは、AEM Screens の導入全体を管理します。プロジェクトマネージャーは、指定されたプロジェクトの実装全体の窓口となり、タイムラインの設定、チームのニーズとコミュニケーションの処理、課題への対処、目標の確実な達成といった重要な責務を果たします。
デジタルサイネージプロジェクト上の様々な役割と責務およびターゲットオーディエンスについて詳しくは、 プロジェクト上の役割と責務 ​を参照してください。

プロジェクトの段階

デジタルサイネージの導入を成功させるために、通常はプロジェクトを 3 段階に分けます。  これらの段階は一般に Days と呼ばれます。これらは文字どおりの日数ではなく、プロジェクトの各主要段階の名称です。
  1. 第 1 段階は​ 「Day 0」 ​と呼ばれます。この段階では、プロジェクトの範囲を完全に定義するために必要な、すべてのプリセールス/検出作業を行います。
  2. 第 2 段階である​ 「Day 1」 ​は、導入作業に含まれるすべてのアクティビティを指します。
  3. 最後の第 3 段階である​ 「Day 2」 ​では、すべての継続運用とサポート要素をソリューション全体の一部として扱います。
このガイドでは主に​ 「Day 1」 ​と​ 「Day 2」 ​に重点を置いていますが、デジタルサイネージプロジェクトを成功に導くには、これら 3 つの段階すべてに注意を払う必要があります。
プロジェクトのプリプロダクション、プロジェクトの開始、プロジェクトの進行については、 プロジェクトの管理と導入 ​に関する追加のビデオを参照してください。

RACI チャート

以下は、役割の定義を使用した RACI チャートの例です。
このチャートは、厳密に遵守するためのものではなく、AEM Screens プロジェクトの一般的なタスクや考慮事項の例を示すものです。

RACI の定義

  • 実行責任者 (Responsible):タスクを完了するために作業をおこないます。
  • 説明責任者 (Accountable):作業を委任し、タスクの完了前にタスクを最終的にレビューします。
  • 相談先 (Consulted):タスクまたは成果物をレビューして、アドバイスを提供します。
  • 報告先 (Informed):タスクの進行状況について常に報告を受けますが、成果物の詳細には関与しません。
以下は、役割の定義を使用した RACI チャートの例で、AEM Screens プロジェクトの一般的なタスクや考慮事項の例を示しています。
Day 0:プリセールスに関する考慮事項 ​の概要を次の表に示します。
フェーズ
AV インテグレーター
AEM 実装者
ビジネス戦略
コンテンツ管理
チーム編成とベンダー選択
I
I
RA
RA
役割と責務に関する合意
RA
RA
RA
RA
戦略目標の調整
CI
I
RA
RA
レポートのニーズと ROI の特定
I
C
RA
C
サイト訪問とハードウェア要件
RA
I
C
C
サポートプロセスの定義
C
I
RA
I
作業範囲とプロジェクト計画の定義
RA
RA
C
C
Day 1:プロジェクトの実装(アプリケーション設計) ​の概要を次の表に示します。
フェーズ
AV インテグレーター
AEM 実装者
ビジネス戦略
コンテンツ管理
役割と責務に関する合意
RA
RA
RA
RA
プロジェクト計画およびスケジュールの調整
RA
RA
C
C
現在のサーバー環境の評価
I
RA
I
I
UX デザインの要件
I
RA
C
RA
技術要件の検証
I
RA
RA
C
アーキテクチャ設計
I
RA
I
I
UI デザインに関するデータ構造の検証
I
RA
C
C
アプリケーション開発
RA
RA
RA
RA
AEM Screens プロジェクトの設定
I
RA
C
I
Analytics の実装
I
RA
C
-
テストと導入
RA
C
RA
I
サーバーの設定
I
RA
I
I
コンテンツ更新計画
I
RA
C
C
パイロットから実稼動への移行計画
RA
RA
I
I
知識移転
RA
RA
I
I
Day 1:プロジェクトの実装(小売準備) ​の概要を次の表に示します。
フェーズ
AV インテグレーター
AEM 実装者
ビジネス戦略
コンテンツ管理
ハードウェアの発注と保管
RA
I
I
I
小売オンボーディングスケジュール
I
I
C
RA
ユーザー受け入れテストのステージング
I
C
RA
ハードウェア一括設定
RA
I
C
I
運用開始後のサポートに関する合意
RA
C
RA
C
Day 1:プロジェクトの実装(ハードウェア) ​の概要を次の表に示します。
フェーズ
AV インテグレーター
AEM 実装者
ビジネス戦略
コンテンツ管理
役割と責務に関する合意
RA
RA
RA
RA
小売設計には配線作業が含まれる
-
-
-
-
プレーヤーハードウェアの選択
RAC
-
-
-
マスターのデバイス管理
RA
I
-
-
デバイスの発注、保管、設定
RA
CI
I
-
サポートプロセスの定義
RA
I
RA
C
Day 2(運用開始後のサポート)で役割が変わります。
  • 作成者 :コンテンツ管理および戦略
  • 開発者 :通常は、AEM Screens 実装チームのメンバーか、社内開発チームへの引き継ぎです。
  • 技術者 :AV インテグレーターの契約業者か同じ会社の一員のどちらかです。
Day 2:運用開始後のサポート ​の RACI チャート概要を次の表に示します。
フェーズ
作成者
開発者
技術者
Day 2:運用開始後のサポート
役割と責務に関する合意
RA
RA
RA
第 1 層サポート
I
I
RA
第 2 層サポート
I
C
RA
第 3 層サポート
I
RA
C
コンテンツ更新
RA
I
I
UX の成否の評価と改善領域の特定
RA
C
I