Show Menu
トピック×

プロジェクト範囲を定義する際の検討事項

このアクティビティの典型的な関係者は、マーケティング/ビジネスストラテジストです。
この段階では、プロジェクト範囲を完全に定義するうえで必要なあらゆるプリセールスおよび洗い出し作業をおこないます。Day 0 におこなわれる作業で、プロジェクトの残りの部分のトーンが設定されるので、この作業は作成中のアプリケーションの全体的な成功に影響を与えます。この段階で、主要ベンダーが特定され、共同でプロジェクト計画の策定を支援します。この段階で重要なのは、販売幹部、マーケティングマネージャー、IT チームなど、クライアント企業内部の主要なプロジェクト関係者の賛同も得られていることです。これらの人々は皆、アプリケーションの開発と継続的なメンテナンスに重要な役割を果たすことになるからです。

主な成果物

この段階での主な成果物は次のとおりです。
  • 主要関係者の賛同を得た承認済みプロジェクト計画(作業範囲、プロジェクトスケジュール、予算など)
  • 役割と責務を明確に定義したチーム編成
  • 短期的および中期的な目標と長期的なビジョンを明確に定義したコンテンツ戦略
  • レポートのニーズと主要業績評価指標(KPI)のリスト
  • 導入スケジュールおよび計画の草案
アプリケーションに必要なデータとそのデータソースをできるだけ早く特定します。実装時に、より詳細な調査がおこなわれる一方、 Day 0 に時間をかけて、クライアントが使用する予定のデータ、そのデータの現在の保存場所、構築中のアプリケーションによるデータへのアクセス方法を明らかにします。今後の課題を事前に開発チームに知らせておくと、実装をよりスムーズに進めることができます。
詳しくは、 プロジェクト範囲を定義する際の検討事項 に関するビデオチュートリアルを参照してください。