Show Menu
トピック×

アクセス制御ワークスペースの参照

Adobe Admin Consoleを使用してExperience Platform用のアクセス制御を設定するには、Experience Platformとの購読を持つIMS組織の管理者である必要があります。 アドビではIMS Orgsの柔軟な管理者階層をサポートしていますが、アクセス制御を設定するには、 システム管理者 製品管理者 製品プロファイル管理者 の権限が必要です。 詳しくは、 管理者の役割に関するAdobe Help Centerの記事 を参照してください。
管理者権限がない場合は、システム管理者に問い合わせてアクセス権を取得してください。
管理者権限を持つ場合は、 Adobe Admin Consoleに移動し 、アドビの資格情報を使用してサインインします。 ログインすると、管理者権限を持つIMS組織の 概要 ページが表示されます。 このページには、IMS組織が登録されている製品と、ユーザーおよび管理者をIMS組織全体に追加するための他のコントロールが表示されます。 「 Adobe Experience Platform 」をクリックして、プラットフォーム統合用のアクセス制御ワークスペースを開きます。
Adobe Experience Platformのアクセス制御ワークスペースが表示され、「 製品プロファイル 」タブで開きます。 このタブでは、すべての製品プロファイルを表示し、このドキュメントで概要を説明している様々な設定を管理できます。
このユーザーガイドでは、管理コンソールを使用してプラットフォームのアクセス権限を割り当てる方法に焦点を当てます。 管理コンソールを操作する方法の一般的な情報については、『 管理コンソールユーザガイド 』を参照してください。

次の手順

アクセス制御ワークスペースに移動したら、次の手順に進み、新しい製品プロファイルを 作成します