Show Menu
トピック×

データセットの概要

All data that is successfully ingested into Adobe Experience Platform is persisted within the Data Lake as datasets. データセットは、通常、スキーマ(列)とフィールド(行)を含むテーブルであるデータコレクションのストレージと管理をおこなう構成体です。データセットには、保存するデータの様々な側面を記述したメタデータも含まれます。
This document provides a high-level overview of datasets in Experience Platform.

データセットの作成とメタデータの追跡

Catalog Service は、内のデータの場所と系列の記録システムで Experience Platform、データセットの作成と管理に使用されます。 Catalog 各データセットのメタデータを追跡します。このメタデータには、データセットが準拠する Experience Data Model (XDM)スキーマへの参照(次の節で説明)と、そのデータセットに取り込まれるレコード数が含まれます。
詳しくは、「 カタログサービスの概要 」を参照してください。

データセットデータに対する制限の適用

Experience Data Model (XDM)は、顧客体験データを Platform 編成する標準化されたフレームワークです。 All data that is ingested into Platform must conform to a pre-defined XDM schema before it can be persisted in the Data Lake as a dataset.
すべてのデータセットには、保存できるデータの形式と構造を制限する XDM スキーマへの参照が含まれています。データセットの XDM スキーマに準拠していないデータセットにデータをアップロードしようとすると、データの取得に失敗します。
XDM について詳しくは、「 XDM システムの概要 」を参照してください。

データセットへのデータの取り込み

Adobe Experience Platform Data Ingestion represents the multiple methods by which Platform ingests data from various sources. 取得方法に関係なく、正常に取り込まれたデータはすべてバッチファイルに変換されます。バッチとは、1 つの単位として取り込まれる 1 つ以上のファイルで構成されるデータの単位です。These batch files are then added to dedicated datasets and persisted within the Data Lake.
詳しくは、「 データ取得の概要 」を参照してください。

データセットへの使用状況ラベルの適用

Adobe Experience Platform Data Governance allows you to manage customer data in order to ensure compliance with regulations, restrictions, and policies applicable to data use. フレーム Data Governance ワークを使用すると、使用状況ラベルを適用して、そのデータに適用される使用状況ポリシーに従ってデータを分類できます。
データ使用状況ラベルは、データセット全体または個々のデータセットフィールドに適用できます。データセットレベルで追加されたラベルは、そのデータセット内のすべてのフィールドに継承されます。
このサービスについて詳しくは、「 データガバナンスの概要 」を参照してください。で使用状況ラベルを使用する手順については、次のガイドを参照し Platformてください。

Datasets in downstream Platform services

Once datasets have been used to store ingested data, those datasets are then used by downstream Platform services to update customer profiles, gain insights through machine learning, and more.
様々な操作にデータセットを使用するダウンストリームサービスのリストを次に示します。詳しくは、各サービスのドキュメントを参照してください。
  • Data Access API :データセットに保存されたファイルの内容にアクセスし、ダウンロードできます。
  • Adobe Experience Platform ID サービス :デバイスやシステム間で ID をブリッジし、準拠する XDM スキーマで定義された ID フィールドに基づいてデータセットをリンクします。
  • リアルタイム顧客プロファイル :を活用 Identity Service して、データセットから詳細な顧客プロファイルをリアルタイムで作成します。 Real-time Customer Profile 顧客プロファイルを個別のデータストアから取り込 Data Lake み、引き続き顧客データを保持します。
  • Adobe Experience Platform分類サービス :セグメントを作成し、 Real-time Customer Profile データからオーディエンスを生成できます。 These audiences can then be exported to their own datasets within the Data Lake.
  • Adobe Experience Platform Data Science Workspace :機械学習と人工知能を使用して、大規模なデータセットからインサイトを引き出します。
  • Adobe Experience Platformクエリサービス :で標準のSQLからクエリへのデータ送信を使用でき Experience Platformます。クエリ内の任意のデータセットを結合し、レポート、 Data Lake またはで使用する新しいデータセットとして結果を取得でき Data Science Workspace​Real-time Customer Profileます。
  • Adobe Experience Platform判定サービス :有効 Real-time Customer Profile なデータセットから取り込む行動データに基づいて、一連のオプションから顧客が最も可能性の高い選択肢を決定す Profile るために活用します。

次の手順

By reading this document, you have been introduced to the core uses of datasets in Experience Platform, as well as the various Platform services that utilize datasets. For more details on the many ways datasets are used in Platform, please review the service documentation linked throughout this overview.
For steps on how to interact with datasets within the Experience Platform UI, see the datasets user guide .