Show Menu
トピック×

Getting started with the Policy Service API

この Policy Service APIを使用すると、Adobe Experience Platformに関連する様々なリソースを作成および管理でき Data Governanceます。 This document provides an introduction to the core concepts you need to know before attempting to make calls to the Policy Service API.

前提条件

開発者ガイドを使用するには、データガバナンス機能の操作に関わる様々な Experience Platform サービスについて、十分な理解が必要です。 Before beginning to work with the Policy Service API, please review the documentation for the following services:
  • Data Governance :データ使用のコンプライアンスを Experience Platform 適用するフレームワーク。
  • Experience Data Model (XDM) System :顧客体験データを Experience Platform 整理するための標準化されたフレームワーク。
  • リアルタイム顧客プロファイル :複数のソースからの集計データに基づいて、統合されたリアルタイムの消費者プロファイルを提供します。
  • サンドボックス : Experience Platform は、1つの Platform インスタンスを別々の仮想環境に分割し、デジタルエクスペリエンスアプリケーションの開発と発展に役立つ仮想サンドボックスを提供します。

API 呼び出し例の読み取り

The Policy Service API documentation provides example API calls to demonstrate how to format your requests. この中には、パス、必須ヘッダー、適切な形式のリクエストペイロードが含まれます。また、API レスポンスで返されるサンプル JSON も示されています。ドキュメントで使用される API 呼び出し例の表記について詳しくは、 トラブルシューテングガイドの API 呼び出し例の読み方 に関する節を参照してください。Experience Platform

必須ヘッダー

また、API ドキュメントでは、 エンドポイントを正しく呼び出すために、 認証に関するチュートリアル を完了している必要があります。PlatformCompleting the authentication tutorial provides the values for each of the required headers in Experience Platform API calls, as shown below:
  • Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}
  • x-api-key: {API_KEY}
  • x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}
All resources in Experience Platform, including those belonging to Data Governance, are isolated to specific virtual sandboxes. All requests to Platform APIs require a header that specifies the name of the sandbox the operation will take place in:
  • x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}
For more information on sandboxes in Platform, see the sandbox overview documentation .
ペイロード(POST、PUT、PATCH)を含むすべてのリクエストには、以下のような追加ヘッダーが必要です。
  • Content-Type: application/json

コアリソースとカスタムリソース

Within the Policy Service API, all policies and marketing actions are referred to as either core or custom resources.
core リソースとは、Adobeが定義および保守するものです。 custom リソースとは、組織が作成および保守するものであり、したがって、IMS組織に対してのみ一意で表示されます。 このため、 core リソースに対して許可される操作は、リストと参照の操作( GET )のみです。一方、 custom リソースに対しては、リスト、参照、および更新の操作( POST PUT PATCH DELETE )を使用できます。

次の手順

Policy Service APIを使用した呼び出しを開始するには、使用可能なエンドポイントガイドの1つを選択します。