Show Menu
トピック×

データ使用量ラベルの概要

Data Usage Labeling and Enforcement(DULE)は、Adobe Experience Platformデータガバナンスの中核的なメカニズムです。 DULE機能を使用すると、データセットとフィールドにデータ使用ラベルを適用し、関連するデータ使用ポリシーに従ってそれぞれを分類できます。
このドキュメントでは、Experience Platformでのデータ使用ラベル(DULEラベルとも呼ばれます)の概要を説明します。 このガイドを読む前に、DULEフレームワークのより強固な概要について、 データ・ガバナンスの概要 (英語)を参照してください。

データ使用量ラベルについて

データ使用ラベルを使用すると、データに適用される使用ポリシーに従ってデータセットとフィールドを分類できます。 ラベルはいつでも適用でき、データの管理方法を柔軟に選択できます。 ベストプラクティスは、データがExperience Platformに取り込まれるとすぐに、またはデータがPlatformで使用できるようになるとすぐに、データのラベル付けを推奨します。
データセットレベルで適用されるデータ使用量ラベルは、データセット内のすべてのフィールドに反映されます。 ラベルは、データセット内の個々のフィールド(列ヘッダー)に、伝播せずに直接適用することもできます。
Experience Platformで使用可能なデータ使用ラベルとそれらが表す使用ポリシーについて詳しくは、 サポートされるデータ使用ラベルのガイドを参照してください

オーディエンスセグメントのラベルの継承

Adobe Experience Platformセグメントサービスで作成されたすべてのオーディエンスセグメントは 、対応するデータセットの使用ラベルを継承します。 これにより、Experience Platform上に構築されたアプリケーション(リアルタイム顧客データPlatformなど)で、宛先に対するセグメントをアクティブ化する際に、自動的にデータ使用ポリシーの適用を提供できます。
データセットレベルのラベルを継承する以外に、デフォルトでは、セグメントは関連するデータセットからフィールドレベルのラベルをすべて継承します。 Platformベースのアプリケーションがセグメントをどのように使用するかに応じて、使用するフィールドを指定できるので、セグメントが除外されたフィールドのラベルを継承できない場合があります。
リアルタイムCDPでの自動強制の動作方法の詳細については、「 Real-time CDP Data Governance overview 」を参照してください。

次の手順

データ使用ラベルが導入されたので、 Experience PlatformUIでのラベルの管理方法については、引き続き ユーザガイドを参照してください。 APIを使用してラベルを管理する手順については、 Catalog Service開発者ガイドの該当する節を参照してください