Show Menu
トピック×

データ使用ポリシーの概要

データ使用ラベルがデータのコンプライアンスを効果的にサポートするためには、データ使用ポリシーを実装する必要があります。 データ使用ポリシーとは、エクスペリエンスプラットフォーム内のデータに対して実行を許可(制限)されるマーケティングアクションの種類を記述するルールです。
マーケティングアクションの例としては、データセットをサードパーティのサービスにエクスポートしたい場合などが考えられます。 個人識別情報(PII)などの特定の種類のデータをエクスポートできず、「I」ラベル(IDデータ)がデータセットに適用されているというポリシーが設定されている場合、Policy Serviceからデータ使用ポリシーに違反したことを伝える応答が返されます。

データ使用ポリシーの作成および使用方法

データ使用ラベルが適用されると、データ管理者は DULE Policy Service APIを使用してポリシーを作成できます
データ管理者は、Policy Service APIを使用して、DULEラベルを含むデータに対して行われるマーケティングアクションに関連するポリシーを管理および評価できます。 APIを使用すると、ポリシーの作成と更新、ポリシーのステータスの決定、マーケティングアクションを使用して、特定のアクションがデータ使用ポリシーに違反しているかどうかを評価できます。
Policy Service API内では、すべてのポリシーとマーケティングアクションを「または」 core``custom リソースと呼びます。 core リソースはアドビが定義および保守しますが、 custom リソースは個々のお客様が作成および保守します。 したがって、 custom リソースは一意であり、リソースを作成した組織にのみ表示されます。
DULE Policy Service APIが提供する主要な操作の実行について詳しくは、 Policy Service開発者ガイドを参照してください 。 DULEポリシーの操作手順については、DULEポリシーの 作成と評価に関するチュートリアルを参照してください