Show Menu
トピック×

モデルのスケジュール設定(UI)

Adobe Experience Platform Data Science Workspace allows you to set up scheduled scoring and training runs on a machine learning Service. トレーニングとスコアリングを自動処理すると、データ内のパターンに追いつくことで、サービスの効率を時間をかけて維持および改善できます。
このチュートリアルでは、 サービスギャラリー ​を通じて、既存のサービスに対するトレーニングとスコアリングのスケジュールを設定する手順について説明します。チュートリアルは以下の主な節に分かれています。

はじめに

In order to complete this tutorial, you must have access to Experience Platform. If you do not have access to an IMS Organization in Experience Platform, please speak to your system administrator before proceeding.
このチュートリアルには既存のサービスが必要です。使用するアクセス可能なサービスがない場合は、『 UI でのサービスとしてのモデルの公開 』チュートリアルに従ってサービスを作成できます。

スコアリングののスケジュール設定

モデルスコアリングは、スケジュールに基づいて自動処理されるように設定できます。サービスを作成したら、次の手順に従って、スコアリングのスケジュールを設定および適用できます。
  1. In Adobe Experience Platform, click the Services tab located in the left navigation column to access the Service Gallery . スコアリング実行のスケジュールを設定するサービスを探し、「 開く 」をクリックして、その​ 概要 ページを表示します。
  2. 概要ページに、サービスのスコアリング情報が表示されます。「 スケジュールの更新 」リンクをクリックして、スコアリングのスケジュールを設定します。
  3. スコアリングスケジュールの頻度、開始日、終了日、入力データセットおよび出力データセットを設定します。設定が完了したら、「 作成 」をクリックして、サービスのスコアリングスケジュールを更新します。
  4. 更新されたスコアリングスケジュールが、サービスの​ 概要 ページに表示されます。

スケジュール済みトレーニングの設定

サービスでトレーニング実行をスケジュール設定すると、機械学習モデルが最新のデータパターンに更新されます。スケジュールされたトレーニングの実行が完了するたびに、結果のトレーニング済みモデルは、次のスケジュール済みトレーニングの実行までサービスを強化するために使用されます。
サービスを作成したら、次の手順に従ってトレーニングスケジュールを設定および適用できます。
  1. Adobe Experience Platform で、左側のナビゲーション列にある「 サービス 」タブをクリックして、 サービスギャラリー ​にアクセスします。トレーニング実行のスケジュールを設定するサービスを探し、「 開く 」をクリックして、その​ 概要 ページを表示します。
  2. 概要ページには、サービスのトレーニング情報が表示されます。「 スケジュールの更新 」リンクをクリックして、トレーニングスケジュールを設定します。
  3. トレーニングスケジュールに使用する頻度、開始日、終了日、入力データセットを設定します。設定が完了したら、「 作成 」をクリックして、サービスのトレーニングスケジュールを更新します。
  4. 更新されたトレーニングスケジュールが、サービスの​ 概要 ページに表示されます。

次の手順

By following this tutorial, you have successfully scheduled automated training and scoring runs on a Service, and completed the Data Science Workspace tutorial UI workflow. まだおこなっていない場合は、 チュートリアルを再開 して、API ワークフローに従ってモデルを作成、トレーニング、スコアリング、および公開することを検討してください。