Show Menu
トピック×

Data Science Workspace トラブルシューティングガイド

This document provides answers to frequently asked questions about Adobe Experience Platform Data Science Workspace. For questions and troubleshooting regarding Platform APIs in general, see the Adobe Experience Platform API troubleshooting guide .

JupyterLab 環境が Google Chrome

この問題は解決しましたが、Google Chrome 80.xブラウザーには引き続き存在する可能性があります。 Chromeブラウザーが最新の状態であることを確認してください。
ブラウザーバージョン80.xでは、 Google Chrome サードパーティCookieはすべてデフォルトでブロックされます。 This policy can prevent JupyterLab from loading within Adobe Experience Platform.
この問題を修正するには、次の手順を実行します。
In your Chrome browser, navigate to the top-right and select Settings (alternatively you can copy and paste "chrome://settings/" in the address bar). 次に、ページの下部までスクロールし、 詳細設定 ​ドロップダウンをクリックします。
プライバシーとセキュリティ 」セクションが表示されます。次に、「 サイトの設定 」をクリックし、「 Cookie とサイトデータ 」をクリックします。
最後に、「サードパーティCookieのブロック」を「オフ」に切り替えます。
Alternatively, you could disable third-party cookies and add # ds.adobe.netを許可リストに追加します。
アドレスバーの「chrome://flags/」に移動します。右側のドロップダウンメニューを使用して、「 SameSite by default cookies 」というフラグを探して無効にします。
手順 2 の後、ブラウザーを再起動するように求められます。After you relaunch, Jupyterlab should be accessible.

Why am I unable to access JupyterLab in Safari?

Safariでは、Safari < 12で、デフォルトでサードパーティcookieが無効になっています。 Because your Jupyter virtual machine instance resides on a different domain than its parent frame, Adobe Experience Platform currently requires that third-party cookies be enabled. Please enable third-party cookies or switch to a different browser such as Google Chrome.
Safari 12の場合は、ユーザーエージェントを「Chrome」または「Firefox」に切り替える必要があります。 ユーザーエージェントを切り替えるには、 Safari 開始を開いて「 環境設定 」を選択します。 プリファレンスウィンドウが表示されます。
Safariの環境設定ウィンドウで、「 詳細」を選択します 。 次に、メニューバーの 「現像を表示」メニュー ・ボックスを選択します。 この手順が完了したら、環境設定ウィンドウを閉じることができます。
次に、上部ナビゲーションバーで 開発 メニューを選択します。 「 開発 」ドロップダウンで、「 ユーザーエージェント 」の上にカーソルを置きます。 使用する Chrome または Firefox ユーザエージェント文字列を選択できます。

Why am I seeing a '403 Forbidden' message when trying to upload or delete a file in JupyterLab?

If your browser is enabled with advertisement blocking software such as Ghostery or AdBlock Plus, the domain "*.adobe.net" must be allowed in each advertisement blocking software for JupyterLab to operate normally. This is because JupyterLab virtual machines run on a different domain than the Experience Platform domain.

Why do some parts of my Jupyter Notebook look scrambled or do not render as code?

これは、問題のセルが誤って「Code」から「Markdown」に変更された場合に発生する可能性があります。コードセルにフォーカスがある間に Esc + M キーを押すと、セルの種類が Markdown に変更されます。セルの種類は、選択したセルのノートブックの上部にあるドロップダウンインジケーターで変更できます。セルの種類をコードに変更するには、まず、変更するセルを選択します。次に、セルの現在の種類を示すドロップダウンをクリックし、「Code」を選択します。

How do I install custom Python libraries?

The Python kernel comes pre-installed with many popular machine learning libraries. ただし、コードセル内で次のコマンドを実行すると、追加のカスタムライブラリをインストールできます。
!pip install {LIBRARY_NAME}

For a complete list of pre-installed Python libraries, see the appendix section of the JupyterLab User Guide .

カスタム PySparkライブラリをインストールできますか?

残念ながら、PySpark カーネルの追加ライブラリはインストールできません。ただし、アドビのカスタマーサービス担当者に連絡して、カスタム PySpark ライブラリをインストールしてもらうことができます。
事前インストールされている PySpark ライブラリのリストについては、 JupyterLab ユーザーガイドの付録の節 を参照してください。

Is it possible to configure Spark cluster resources for JupyterLab Spark or PySpark kernel?

ノートブックの最初のセルに次のブロックを追加することで、リソースを設定できます。
%%configure -f 
{
    "numExecutors": 10,
    "executorMemory": "8G",
    "executorCores":4,
    "driverMemory":"2G",
    "driverCores":2,
    "conf": {
        "spark.cores.max": "40"
    }
}

For more information on Spark cluster resource configuration, including the complete list of configurable properties, see the JupyterLab User Guide .

大きなデータセットに対して特定のタスクを実行しようとするとエラーが発生するのはなぜですか。

例えば、 Reason: Remote RPC client disassociated. Likely due to containers exceeding thresholds, or network issues. This is the driver or a executor is running of memory. データ制限の詳細および大きなデータセットでタスクを実行する方法については、JupyterLab Notebooks data access documentationを参照してください。 通常、このエラーは、をからに変更することで解決でき mode interactive batch す。