Show Menu
トピック×

エッジ設定

Adobe Experience Platform Web SDKの設定は、2か所に分かれています。 SDKの configureコマンド edgeDomain 、クライアントで処理する必要のある操作(例:)を制御します。 エッジ設定は、SDKのその他すべての設定を処理します。 リクエストがAdobe Experience Platform Edge Networkに送信されると、の値 edgeConfigId がサーバー側の設定の参照に使用されます。 これにより、Webサイトでコードを変更することなく、設定を更新できます。

エッジ設定IDの作成

エッジ設定IDは、「起動」で、エッジ設定ツールを使用して作成できます。 このツールを使用すると、エッジ設定と、それらの設定内の環境の両方を作成できます。
エッジ設定ツールは、許可リストで、ユーザーがタグマネージャーとして「起動」を使用しているかどうかに関係なく使用できます。 また、ユーザーは起動時に開発権限が必要です。 詳しくは、起動ドキュメントの「 ユーザー権限 」の記事を参照してください。
エッジ設定を作成するには、画面の右上領域にある「 # 」(New Edge Configuration)の順にクリックします。 名前と説明を指定すると、各環境のデフォルト設定が求められます。

デフォルトの環境設定

これらのデフォルト設定は、同じ設定で最初の3つの環境を作成する場合に使用します。 これらの3つの環境は、dev、stage、prodです。 これらは、「起動」の3つのデフォルト環境に一致します。 開発環境に対して起動ライブラリを構築する場合、ライブラリは設定の開発環境を自動的に使用します。 個々の環境の設定を必要に応じて編集できます。
SDKでとして使用されるID edgeConfigId は、設定と環境を指定する複合IDです。 環境が存在しない場合は、実稼働環境が使用されます。

環境設定

以下に、環境が使用できる各設定を示します。 ほとんどのセクションは有効または無効にできます。 無効にすると、設定は保存されますが、アクティブになりません。

ID

IDセクションは、常にオンになる唯一のセクションです。 次の2つの設定を使用できます。 ID同期が有効になり、ID同期コンテナIDが有効になります。
IDの同期が有効
SDKがサードパーティパートナーとのID同期を実行するかどうかを制御します。
ID同期コンテナID
ID同期をコンテナにグループ化して、異なるID同期を異なる時間に実行できるようにします。 これは、特定の設定IDに対して実行されるID同期のコンテナを制御します。

Adobe Experience Platform

ここに示す設定を使用して、Adobe Experience Platformにデータを送信できます。 このセクションは、Adobe Experience Platformを購入した場合にのみ有効にする必要があります。
サンドボックス
サンドボックスは、Adobe Experience Platform内の場所で、顧客はデータと実装を相互に分離できます。 動作方法の詳細については、 サンドボックスのドキュメントを参照してください
ストリーミングインレット
ストリーミングインレットは、Adobe Experience PlatformのHTTPソースです。 これらは、Adobe Experience Platformの「 Sources 」タブの下にHTTP APIとして作成されます。
イベントデータセット
エッジ設定では、クラス エクスペリエンスイベントのスキーマを持つデータセットへのデータ送信がサポートされます。

Adobe Target

Adobeターゲットを設定するには、クライアントコードを指定する必要があります。 その他のフィールドはオプションです。
クライアントコードに関連付けられた組織は、設定IDが作成された組織と一致する必要があります。
クライアントコード
ターゲットアカウントの一意のID。 これについては、 Adobeターゲット / 設定/設定/ 実装/次の編集/mbox.jsの設定/mbox.jsのいずれかのdownloadボタンを表示する場合は、 Adobe /設定/ 設定/設定/ mbox.jsの設定/次の設定に移動します。
プロパティトークン
ターゲットを使用すると、プロパティを使用して権限を制御できます。 詳しくは、ターゲットドキュメントの「 Enterprise Permissions 」セクションを参照してください。
プロパティトークンは、 Adobeターゲット / !UICONTROL セットアップ/
ターゲット環境ID
アドビターゲットの環境 は、開発のすべての段階を通じて実装を管理するのに役立ちます。 この設定は、各環境で使用する環境を指定します。
簡単な設定にするために、 dev stage``prod エッジ設定環境ごとに異なる設定を行うことをお勧めします。 ただし、既に Adobeターゲット環境を定義している場合は 、それらを使用できます。

Adobe Audience Manager

Adobeオーディエンスマネージャーにデータを送信する際に必要なのは、このセクションを有効にすることだけです。 その他の設定はオプションですが、推奨されています。
Cookieの宛先が有効
SDKが、オーディエンスマネージャーの Cookie宛先を使用してセグメント情報を共有できるようにします
URL宛先が有効
SDKが URLの宛先を介してセグメント情報を共有できるようにします 。 これらは、オーディエンスマネージャーで設定します。

Adobe Analytics

データをAdobe Analyticsに送信するかどうかを制御します。 詳しくは、 Analyticsの概要を参照してください
レポートスイート ID
このレポートスイートは、Adobe Analyticsの管理者セクションの 管理者/レポートスイートにあります。 複数のレポートスイートを指定した場合は、各レポートスイートにデータがコピーされます。