Show Menu
トピック×

複数のプロパティの操作

同じページで 2 つの異なるプロパティを操作する場合があります。これには、以下が含まれます。
  • 買収され、共同で Web サイトの統合に取り組んでいる企業
  • 複数の企業間でのデータ共有関係
  • 新しい Adobe ソリューションをテストしていて、既存の実装を中断したくないお客様
SDK では、ベースコード内の配列に別の名前を追加することで、各プロパティに個別のインスタンスを作成できます。次の例では、 mycustomname1 と  mycustomname2  という 2 つの名前を指定します。
<script>
  !function(n,o){o.forEach(function(o){n[o]||((n.__alloyNS=n.__alloyNS||
  []).push(o),n[o]=function(){var u=arguments;return new Promise(
  function(i,l){n[o].q.push([i,l,u])})},n[o].q=[])})}
  (window,["mycustomname1", "mycustomname2"]);
</script>
<script src="alloy.js" async></script>

その結果、スクリプトは 2 つの SDK インスタンスを作成します。最初のインスタンスと対話するためのグローバル関数に mycustomname1 、2 番目のインスタンスと対話するためのグローバル関数が mycustomname2 という名前が付けられます。
2 つの異なるインスタンスを作成すると、異なるプロパティに対してそれぞれを設定できます。 mycustomname1 との対話によって生じる通信やデータの持続性は、 mycustomname2 と切り離されます。
上の例に続き、次のように各インスタンスを使用してコマンドを実行できます。
mycustomname1("configure", {
  "edgeConfigId": "ebebf826-a01f-4458-8cec-ef61de241c93",
  "orgId": "ADB3LETTERSANDNUMBERS@AdobeOrg"
});

mycustomname1("sendEvent", {
  "data": {
    "key": "value"
  }
});

mycustomname2("configure", {
  "edgeConfigId": "f46e981f-fd03-4bdd-a9d9-73ce4447f870",
  "orgId": "ADB3NUMBERSANDLETTERS2@AdobeOrg"
});

mycustomname2("sendEvent", {
  "data": {
    "key": "value"
  }
});

同じインスタンスで他のコマンドを実行する前に必ず、各インスタンスで configure コマンドを実行してください。

制限事項

To avoid conflicts with cookies, only one instance of Adobe Experience Platform Web SDK within a page can have a particular edgeConfigId . Similarly, only one instance of Adobe Experience Platform Web SDK can have a particular orgId .