Show Menu
トピック×

パーソナライゼーションオプションの概要

Adobe Experience Platformは、Adobe Targetを含むAdobeでのパーソナライゼーションソリューションのクエリを Web SDK サポートしています。 パーソナライゼーションには2つのモードがあります。自動的にレンダリングできるコンテンツと開発者がレンダリングする必要のあるコンテンツを取得します。 SDKは、ちらつきを 管理する機能も提供します

コンテンツを自動的にレンダリング

イベントをサーバーに送信し、イベントのオプションとして renderDecisions true に設定している場合、SDK はパーソナライズされたコンテンツを自動的にレンダリングします。
alloy("sendEvent", {
  "renderDecisions": true,
  "xdm": {
    "commerce": {
      "order": {
        "purchaseID": "a8g784hjq1mnp3",
        "purchaseOrderNumber": "VAU3123",
        "currencyCode": "USD",
        "priceTotal": 999.98
      }
    }
  }
});

パーソナライズされたコンテンツのレンダリングは非同期的なので、特定のコンテンツがページの一部である場合を想定する必要はありません。

コンテンツの手動レンダリング

オプションを指定すると、 sendEvent コマンドに対する約束として返される決定のリストを要求でき decisionScopes ます。 スコープとは、パーソナライゼーションソリューションに対して、どの決定を行うかを知らせる文字列です。
alloy("sendEvent",{
    xdm:{...},
    decisionScopes:['demo-1', 'demo-2']
  }).then(function(result){
    if (result.decisions){
      // Do something with the decisions.
    }
  })

これにより、決定のリストが各決定に対してJSONオブジェクトとして返されます。
{
  "decisions": [
    {
      "id": "TNT:123456:0",
      "scope": "demo-1",
      "items": [
        {
          "schema": "https://ns.adobe.com/personalization/html-content-item",
          "data": {
            "id": "11223344",
            "content": "<h2 style=\"color: yellow\">Scoped Decision for location \"alloy-location-1\"</h2>"
          }
        }
      ]
    },
    {
      "id": "TNT:654321:1",
      "scope": "demo-2",
      "items": [
        {
          "schema": "https://ns.adobe.com/personalization/json-content-item",
          "data": {
            "id": "4433221",
            "content": {
              "name":"Scoped decision in JSON"
            }
          }
        }
      ]
    }
  ]
}

使用する場合 Target、スコープはサーバー上のmBoxになり、個別ではなくすべてのスコープが一度に要求されるだけになります。 グローバルmboxは常に送信されます。

自動コンテンツの取得

を自動レンダリング可能な決定を含め、Alloy自動レンダリング result.decisions を行わない場合は、をに設定し、特別なスコープ renderDecisions を含め false ることができ __view__ ます。