Show Menu
トピック×

ようこそ

このガイドでは、Adobe Experience Platform Web SDKの起動でのセットアップ方法を説明します。 この機能を使用するには、ホワイトリストに登録する必要があります。 待機中のリストに移動する場合は、CSMに連絡してください。
  • ファーストパーティドメイン(CNAME) が有効になっている。既に Analytics 用 CNAME をお持ちの場合は、その CNAME を使用する必要があります。開発環境でのテストはCNAMEなしでは機能しますが、実稼働環境に移行する前にCNAMEが必要になります
  • Adobe Experience Platform Data Platformの権利を付与されます。 プラットフォームを購入していない場合は、Experience Platform Data Services Foundationをご利用いただき、SDKでの利用を制限し、無償で提供します。
  • 訪問者 ID サービスの最新バージョンを使用している

設定IDの作成

起動時に エッジ設定ツールを使用して、設定IDを作成できます 。 これにより、Edge Networkで様々なソリューションにデータを送信できるようになります。 各オプションの検索方法について詳しくは、「 Edge Configuration Tool 」ページを参照してください。
この機能を使用するには、組織がホワイトリストに登録されている必要があります。 最終的なホワイトリスト登録のために、CSMにリストに登録するようにお問い合わせください。

スキーマの準備

Experience Platform Edge Networkは、データをXDMとして受け取ります。 XDMは、スキーマを定義できるデータ形式です。 スキーマは、Edge Networkでデータの形式設定方法を定義します。 データを送信するには、スキーマを定義する必要があります。
  • 作成したスキーマに Adobe Experience Platform Web SDK mixin を追加します。

Launch での SDK のインストール

Launch にログインし、 AEP Web SDK 拡張機能をインストールします。SDK のインストールの一環として、拡張機能を設定するよう求めるプロンプトが表示されます。上記で要求した設定 ID を入力します。拡張機能によって、組織の ID が自動的に入力されます。
様々な設定オプションについて詳しくは、 SDK の設定 を参照してください。

スキーマに基づくデータ要素の作成

起動時に、拡張機能をAEP Web SDKに変更し、種類をXDMオブジェクトに設定して、スキーマを参照するデータ要素を作成します。 これによりスキーマが読み込まれ、データ要素をスキーマの別の部分にマップできます。

イベントの送信

拡張機能のインストール後、開始は、AEP Web SDK拡張機能から「sendEvent」アクションをルールに追加してイベントを送信します。 作成したデータ要素をXDMデータとしてイベントに追加してください。 ページが読み込まれるたびに、少なくとも1つのイベントを送信することをお勧めします。
イベントの追跡方法について詳しくは、 イベントのトラッキング を参照してください。

次の手順

データのフローが完了したら、次の操作を実行できます。