Show Menu
トピック×

ようこそ

このガイドでは、起動時にAdobe Experience PlatformWeb SDKを設定する様々な方法の手順を説明します。 この機能を使用するには、ホワイトリストに登録する必要があります。 待機中のリストに移動する場合は、CSMに連絡してください。
  • ファーストパーティドメイン(CNAME) が有効になっている。既に Analytics 用 CNAME をお持ちの場合は、その CNAME を使用する必要があります。開発でのテストはCNAMEを使用しなくても機能しますが、実稼働環境に移行する前に必要になります。
  • Adobe Experience Platform を使用する資格がある. Platformを購入していない場合、AdobeはData Services Foundationでの利用を制限した方法で、SDKを無料で提供します。
  • 訪問者 ID サービスの最新バージョンを使用している.

スキーマの準備

Experience Platformエッジネットワークは、データをXDMとして受け取ります。 XDMは、スキーマを定義できるデータ形式です。 スキーマは、Edge Networkでデータの形式設定方法を定義します。 データを送信するには、スキーマを定義する必要があります。
  1. 作追加成したスキーマに対するAEP Mixin。 Web SDK ExperienceEvent
  2. 作成したスキーマからデータセットを作成します。
次のビデオでは、データ用のスキーマ、データセット、ストリーミングソースコネクタの作成をサポートします。 Web SDK

Launch にログインし、 AEP Web SDK 拡張機能をインストールします。SDKをインストールすると、拡張機能を設定するように求められます。 上記で要求した設定 ID を入力します。拡張機能によって、組織の ID が自動的に入力されます。
様々な設定オプションについて詳しくは、 SDK の設定 を参照してください。

設定IDの作成

Launchの エッジ設定ツールを使用して、設定IDを作成できます 。 これにより、Edge Networkで様々なソリューションにデータを送信できるようになります。 各オプションの検索方法について詳しくは、「 Edge Configuration Tool 」ページを参照してください。
この機能を使用するには、組織がホワイトリストに登録されている必要があります。 最終的なホワイトリスト登録のために、CSMにリストに登録するようにお問い合わせください。

スキーマに基づいたデータ要素の作成

「起動」で、拡張機能をAEP Web SDKに変更し、タイプをに設定して、スキーマを参照するデータ要素を作成し XDM Object ます。 これにより、スキーマが読み込まれ、データ要素をスキーマの様々な部分にマップできます。

イベントの送信

After the extension is installed, start sending events by adding a sendEvent action from the AEP Web SDK extension to a rule. 先追加ほど作成したデータ要素をXDMデータとしてイベントに送信します。 Adobeでは、ページが読み込まれるたびに少なくとも1つのイベントを送信することをお勧めします。
イベントの追跡方法について詳しくは、 イベントのトラッキング を参照してください。

次の手順

データのフローを設定したら、次の操作を実行できます。