Show Menu
トピック×

ようこそ

このガイドでは、Adobe Experience Platform Web SDKを設定する様々な方法の手順を説明します。 この機能を使用するには、許可リストをオンにする必要があります。 待機中のリストに移動したい場合は、CSMに連絡してください。
  • ファーストパーティドメイン(CNAME) が有効になっている。既に Analytics 用 CNAME をお持ちの場合は、その CNAME を使用する必要があります。CNAMEを使用しない開発環境でのテストは可能ですが、実稼働環境に移行する前に必要です
  • Adobe Experience Platform Data Platformの権利を付与されます。 プラットフォームを購入していない場合は、Experience Platform Data Services Foundationをご利用いただき、SDKでの利用を制限し、無償で提供します。
  • 訪問者 ID サービスの最新バージョンを使用している

設定IDの作成

Adobe Launchの エッジ設定ツールを使用して設定IDを作成できます (tag management機能を使用していない場合も含む)。 これにより、Edge Networkで様々なソリューションにデータを送信できるようになります。 各オプションの検索方法について詳しくは、「 Edge Configuration Tool 」ページを参照してください。
組織で、この機能のリストを許可している必要があります。 許可リストを有効にするには、CSMに問い合わせてください。

スキーマの準備

Experience Platform Edge Networkは、データをXDMとして受け取ります。 XDMは、スキーマを定義できるデータ形式です。 スキーマは、Edge Networkでデータの形式設定方法を定義します。 データを送信するには、スキーマを定義する必要があります。
  • 作成したスキーマに Adobe Experience Platform Web SDK mixin を追加します。

SDKのインストール

SDKをインストールするには、以下の「ベースコード」を、HTMLのタグ内でできる限り高い位置にコピー&ペーストします。 <head>
<script>
  !function(n,o){o.forEach(function(o){n[o]||((n.__alloyNS=n.__alloyNS||
  []).push(o),n[o]=function(){var u=arguments;return new Promise(
  function(i,l){n[o].q.push([i,l,u])})},n[o].q=[])})}
  (window,["alloy"]);
</script>
<script src="https://cdn1.adoberesources.net/alloy/1.0.0/alloy.min.js" async></script>

これを行うための様々なオプションについて詳しくは、SDKの インストールを参照してください

SDKの設定

次に、SDKに設定を指定します。 これは、 configure コマンドを使用して行います。 これは、各ページで最初に呼び出されるコマンドです。
alloy("configure", {
  "edgeConfigId": "ebebf826-a01f-4458-8cec-ef61de241c93:dev",
  "orgId":"ADB3LETTERSANDNUMBERS@AdobeOrg"
});

ここでは、上記で作成した設定IDと組織IDを指定します。 これら2つの必須フィールドのみです。 ただし、その他の 設定オプションは多数あります

イベントの送信

configureコマンドを呼び出すと、自由に開始トラッキングイベントをできます。
alloy("sendEvent", {});

通常、イベントにはデータをいくつか送信します。 このようにXDMデータを送信できます。 送信するデータは、XDMで作成したスキーマに存在する必要があります。
alloy("sendEvent", {
  "xdm": {
    "web":{
      "webPageDetails":{
        "name":"Home Page"
      }
    }
  }
});

イベントの追跡方法について詳しくは、 イベントのトラッキング を参照してください。

次の手順

データの流し込みが完了したら、次の操作を実行できます。