Show Menu
トピック×

Experience Platform Edge Networkのオーディエンスマネージャー

Adobe Experience Platform Web SDKは、Adobe Platform Web SDKと統合されており、オーディエンスマネージャー、Cookie、URLの宛先、IDの同期からのデータの送受信をサポートしています。

オーディエンスマネージャーの有効化

オーディエンスマネージャを有効にするには、次の操作を行う必要があります。

IDの同期

Adobe Experience Platform Web SDKは、SyncIdentity Experience Cloud IDの取得 コマンドを使用して顧客IDとその認証状態を宣言する機能をサポートしています。
syncIdentityメソッドは、 IDサービス名前空間 (ID)を使用して、IDが関連付けられるコンテキストを示します。 オーディエンスマネージャーのお客様は、IDタイプを使用するすべての既存のデータソースを次のように指定します。 デバイス間では、対応するID名前空間が自動的に設定されます。 オーディエンスマネージャーのデータソースに対応するID名前空間を探すには、Adobe Experience Platformにログインし、「ID」セクションに移動します。
ここでは、「名前」でオーディエンスマネージャーのデータソースを検索できます。 syncIdentityメソッドは、名前空間を示すためにID記号を使用します。
IDタイプを使用する新しいオーディエンスマネージャーデータソース: デバイス間で、対応するID名前空間が生成されます。 データソースIDタイプのCookieとデバイス広告IDは、現在サポートされていません。 また、Adobe Experience Platformで作成したID名前空間は、対応するオーディエンスマネージャーデータソースを生成しますが、syncIdentityメソッドは名前空間IDシンボルのみをサポートすることに注意してください。