Show Menu
トピック×

Adobe Analytics へのデータの送信

以前は、ページ表示とリンク(例えば s.t(), s.tl() )の間で識別する関数が異なっていましたが、Web SDKでは、 sendEvent コマンドしかありません。 イベントと共に送信するデータによって、ページ表示とリンクのどちらにするかが決まります。

ページ表示の送信

ページの表示は、 web.webPageDetails.pageViews.value=1 変数を設定することで指定できます。
alloy("sendEvent", {
  "xdm": {
    "web": {
      "webPageDetails": {
        "pageViews": {
            "value":1
         }
      }
    }
  }
});

Analyticsでは、この変数が設定されていない場合でもページ表示が技術的に記録されますが、ページ表示をデータに明示的に記録し、導入を後で実行する場合は常に、この変数を設定することをお勧めします。

リンクの追跡

リンクは手動で設定することも、 自動的に追跡することもできます 。 手動トラッキングは、スキーマの web.webInteraction 部分に詳細を追加することで行います。 次の3つの必須変数があります。 web.webInteraction.name web.webInteraction.type および web.webInteraction.linkClicks.value
alloy("sendEvent", {
  "xdm": {
    "web": {
      "webInteraction": {
        "linkClicks": {
            "value":1
      },
      "name":"My Custom Link", //Name that shows up in the custom links report
      "URL":"https://myurl.com", //the URL of the link
      "type":"other", // values: other, download, exit
      }
    }
  }
});

リンクタイプは、次の3つの値のいずれかになります。
  • other : カスタムリンク
  • download : ダウンロードリンク
  • exit : 離脱リンク

自動リンクトラッキング

デフォルトでは、Web SDKは、 該当する リンクタグのクリックをキャプチャ、 ラベル どのタグがリンクトラッキングに適しているか。 記録します。 クリック数は、ドキュメントに接続された キャプチャ ・クリックイベント・リスナーを使用してキャプチャされます。
自動リンクトラッキングを無効にするには、Web SDKを 設定します
clickCollectionEnabled: false