Show Menu
トピック×

Analyticsでの変数の手動マッピング

Adobe Experience Platform(AEP)は、特定の変数を自動的にマッピングできますが、カスタム変数は手動でマッピングする必要があります。 Web SDK
For XDM data that is not automatically mapped to Analytics, you can use context data to match your schema . その後、 Analytics 処理ルールを使用してにマッピングし Analytics 変数を設定できます。
Also, you can use a default set of actions and product lists to send or retrieve data with the AEP Web SDK. これをおこなうには、「 製品 」を参照してください。

コンテキストデータ

To be used by Analytics, XDM data is flattened using dot notation and made available as contextData . 次の値のペアのリストは、 context data の例を示しています。
{
          "bh": "900",
          "bw": "1680",
          "c": "24",
          "c.a.d.key.[0]": "value1",
          "c.a.d.key.[1]": "value2",
          "c.a.d.object.key1": "value1",
          "c.a.d.object.key2.[0]": "value2",
          "c.a.x.environment.browserdetails.javascriptenabled": "true",
          "c.a.x.environment.type": "browser",
          "cust_hit_time_gmt": "1579781427",
          "g": "http://example.com/home",
          "gn": "home",
          "j": "1.8.5",
          "k": "Y",
          "s": "1680x1050",
          "tnta": "218287:1:0|0,218287:1:0|2,218287:1:0|1,218287:1:0|32767,218287:1:0|1,218287:1:0|0,218287:1:0|1,218287:1:0|0,218287:1:0|1",
          "user_agent": "Mozilla/5.0 AppleWebKit/537.36 Safari/537.36",
          "v": "Y"
        }

処理ルール

エッジネットワークによって収集されたすべてのデータへは、 処理ルール を介してアクセスできます。In Analytics, you can use processing rules to incorporate context data into Analytics variables.
例えば、次のルールでは、Analytics を設定して​ 内部検索用語(eVar2) a.x_atag.search.term(コンテキストデータ) ​に関連付けられたデータを入力します。

XDM スキーマ

Experience Platform では、スキーマを使用して、一貫性のある再利用可能な方法でデータの構造を記述します。システム間で一貫したデータを定義することで、意味を保持しやすくなり、データから価値を得ることができます。 Analytics コンテキストデータは、スキーマで定義された構造と連携します。
The following example shows how the event can be used with the xdm option to send and retrieve data with the AEP Web SDK. この例では、 event コマンドは ExperienceEvent Commerce 詳細スキーマ に一致し、productListItems の name SKU 値が追跡されるようにします。
alloy("event",{
  "xdm":{
    "commerce":{
      "productViews":{
        "value":1
      }
    },
    "productListItems":[
      {
        "SKU":"HT105",
        "name":"Large Field Hat",
      },
      {
        "SKU":"HT104",
        "name":"Small Field Hat",
      }
    ]
  }
});

For more information on tracking events with the AEP Web SDK, see Tracking events .