Show Menu
トピック×

IDのクラスター履歴の取得

IDは、様々なデバイスグラフの実行中にクラスターを移動できます。 アイデンティティサービスは、特定のIDに対するクラスターの関連付けを経時的に表示します。
オプションの graph-type パラメーターを使用して、クラスターの取得元の出力形式を指定します。 オプションは次のとおりです。
  • None - IDの切り替えを実行しません。
  • Private Graph — プライベートIDグラフに基づいてIDの切り替えを実行します。 値が指定され graph-type ていない場合、これがデフォルトです。

単一IDのクラスタ履歴の取得

API形式
GET https://platform-{REGION}.adobe.io/data/core/identity/cluster/history

リクエスト
オプション1: IDを名前空間( nsId 、ID)およびID値( id )として指定します。
curl -X GET \
  'https://platform-va7.adobe.io/data/core/identity/cluster/history?nsId=411&id=WTCpVgAAAFq14FMF' \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}'

オプション2: IDを名前空間(名前 ns 別)およびID値( id )として指定します。
curl -X GET \
  'https://platform-va7.adobe.io/data/core/identity/cluster/history?ns=AMO&id=WTCpVgAAAFq14FMF' \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}'

オプション3: IDをXID ( xid )として指定します。 IDのXIDを取得する方法について詳しくは、IDのXIDの 取得について説明しているこのドキュメントの節を参照してください
curl -X GET \
  'https://platform-va7.adobe.io/data/core/identity/cluster/history?xid=CJsDEAMaEAHmCKwPCQYNvzxD9JGDHZ8' \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}'

複数のIDのクラスター履歴の取得

複数のIDのクラスター履歴を返すには、 POST このメソッドを上記の GET メソッドとバッチして使用します。
要求は、IDの数が最大1000個に達することを示す必要があります。 IDが1000個を超える要求は、400個のステータスコードになります。
API形式
POST https://platform-va7.adobe.io/data/core/identity/clusters/history

リクエスト本文
オプション1: クラスターメンバーを取得するXIDのリストを指定します。
{
    "xids": ["GYMBWaoXbMtZ1j4eAAACepuQGhs","b2NJK9a5X7x4LVE4rUqkMyM"],
    "graph-type": "Private Graph"
}

オプション2: IDのリストを複合IDとして指定します。各IDには名前空間コード別のID値と名前空間が付けられます。
{
    "compositeXids": [{
            "ns": "AdCloud",
            "id": "WRbM7AAAAJ_PBZHl"
        },
        {
            "ns": "AddCloud",
            "id": "WY-RNgAAArI4rGBo"
        }
    ]
}

リクエスト
スタブ要求
ヘッダーを使用すると、スタブ化された応答が返され x-uis-cst-ctx: stub ます。 これは、サービスの完了中に、初期の統合開発の進展を容易にする一時的なソリューションです。 これは不要になった時点で廃止されます。
curl -X POST \
  https://platform-va7.adobe.io/data/core/identity/clusters/history \
  -H 'authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'content-type: application/json' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \
  -H 'x-uis-cst-ctx: stub' \
  -d '{
        "xids": ["GYMBWaoXbMtZ1j4eAAACepuQGhs","b2NJK9a5X7x4LVE4rUqkMyM"],
        "graph-type": "Private Graph"
      }'

XIDの使用
curl -X POST \
  https://platform-va7.adobe.io/data/core/identity/clusters/history \
  -H 'authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'content-type: application/json' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \
  -d '{
        "xids": ["GYMBWaoXbMtZ1j4eAAACepuQGhs","b2NJK9a5X7x4LVE4rUqkMyM"],
        "graph-type": "Private Graph"
      }' | json_pp

UIDの使用
curl -X POST \
  https://platform-va7.adobe.io/data/core/identity/clusters/history \
  -H 'authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'content-type: application/json' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \
  -d '{
        "compositeXids": [{
                "nsid": 411,
                "id": "WRbM7AAAAJ_PBZHl"
            },
            {
                "nsid": 411,
                "id": "WY-RNgAAArI4rGBo"
            }
        ],
        "graph-type": "Private Graph"
      }' | json_pp

応答
{
    "version": 1,
    "xidsClusterHistory": [{
            "xid": "GZsBQnHQaGtL46ZKSvO9bNRE1DcUyQA",
            "compositeXid": {
                "nsid": 411,
                "id": "WY-RNgAAArI4rGBo"
            },
            "clusterHistory": [{
                    "clusterId": "4c686f23-0871-41c2-b4f4-adef89f6bd2c",
                    "cRecordedTS": "1504741401382"
                },
                {
                    "clusterId": "29bf066c-971a-11e7-abc4-cec278b6b50a",
                    "cRecordedTS": "1502063001629"
                },
                {
                    "clusterId": "aeb2f60c-b0f1-446a-91dd-d28ab6a44ff9",
                    "cRecordedTS": "1499384601763"
                }
            ]
        },
        {
            "xid": "CJsDEAMaEAHmCKwPCQYNvzxD9JGDHZ8",
            "compositeXid": {
                "nsid": 411,
                "id": "WY-RNgAAArI4rGBo"
            },
            "clusterHistory": [{
                "clusterId": "4c686f23-0871-41c2-b4f4-adef89f6bd2c",
                "cRecordedTS": "1504741401937"
            }]
        }
    ],
    "unprocessedXids": ["cb0665db616f49758713252d8a335c1e"],
    "unprocessedNids": [{
        "nsid": 411,
        "id": "WY-RNgAAArI4rGBo"
    }]

}

要求のXIDが同じクラスターに属しているか、1つ以上のXIDにクラスターが関連付けられているかに関係なく、要求で提供される各XIDに対して、応答には常に1つのエントリが存在します。

次の手順

次のチュートリアルに進み、 リストIDマッピングを行います