Show Menu
トピック×

ID のクラスター履歴の取得

ID を使用して、様々なデバイスグラフの実行中にクラスターを移動できます。Identity Service 特定のIDに対するクラスターの関連付けを経時的に表示します。
オプションの graph-type パラメーターを使用して、クラスターの取得元の出力タイプを指定します。オプションは次のとおりです。
  • None - ID ステッチを実行しない。
  • Private Graph - 個人の ID グラフに基づいて ID ステッチを実行する。 graph-type を指定しない場合、このオプションがデフォルトです。

単一の ID のクラスター履歴の取得

API 形式
GET https://platform-{REGION}.adobe.io/data/core/identity/cluster/history

リクエスト
オプション 1:ID を名前空間(ID 別 nsId )および ID 値( id )として指定します。
curl -X GET \
  'https://platform-va7.adobe.io/data/core/identity/cluster/history?nsId=411&id=WTCpVgAAAFq14FMF' \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}'

オプション 2:ID を名前空間( ns 名前別)と ID 値( id )として指定します。
curl -X GET \
  'https://platform-va7.adobe.io/data/core/identity/cluster/history?ns=AMO&id=WTCpVgAAAFq14FMF' \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}'

オプション 3:ID を XID( xid )として指定します。ID の XID を取得する方法について詳しくは、このドキュメントの ID の XID の取得 に関する節を参照してください。
curl -X GET \
  'https://platform-va7.adobe.io/data/core/identity/cluster/history?xid=CJsDEAMaEAHmCKwPCQYNvzxD9JGDHZ8' \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}'

複数の ID のクラスター履歴の取得

POST メソッドを上記の GET メソッドと同等のバッチとして使用して、複数の ID のクラスター履歴を返します。
リクエストで使用できる ID 数の上限は 1000 です。ID 数が 1000 を超えるリクエストに対しては、ステータスコード 400 が発生します。
API 形式
POST https://platform-va7.adobe.io/data/core/identity/clusters/history

リクエスト本文
オプション 1:クラスターメンバーを取得する XID のリストを指定します。
{
    "xids": ["GYMBWaoXbMtZ1j4eAAACepuQGhs","b2NJK9a5X7x4LVE4rUqkMyM"],
    "graph-type": "Private Graph"
}

オプション 2:ID のリストを複合 ID として指定します。各 ID では、ID 値と名前空間が名前空間コードで指定されます。
{
    "compositeXids": [{
            "ns": "AdCloud",
            "id": "WRbM7AAAAJ_PBZHl"
        },
        {
            "ns": "AddCloud",
            "id": "WY-RNgAAArI4rGBo"
        }
    ]
}

リクエスト
スタブリクエスト
x-uis-cst-ctx: stub ヘッダーを使用すると、スタブ化された応答が返されます。これは、サービスが完了している間、早期の統合開発の進行を容易にするための一時的なソリューションです。このソリューションは不要になった時点で廃止されます。
curl -X POST \
  https://platform-va7.adobe.io/data/core/identity/clusters/history \
  -H 'authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'content-type: application/json' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \
  -H 'x-uis-cst-ctx: stub' \
  -d '{
        "xids": ["GYMBWaoXbMtZ1j4eAAACepuQGhs","b2NJK9a5X7x4LVE4rUqkMyM"],
        "graph-type": "Private Graph"
      }'

XID の使用
curl -X POST \
  https://platform-va7.adobe.io/data/core/identity/clusters/history \
  -H 'authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'content-type: application/json' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \
  -d '{
        "xids": ["GYMBWaoXbMtZ1j4eAAACepuQGhs","b2NJK9a5X7x4LVE4rUqkMyM"],
        "graph-type": "Private Graph"
      }' | json_pp

UID の使用
curl -X POST \
  https://platform-va7.adobe.io/data/core/identity/clusters/history \
  -H 'authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'content-type: application/json' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \
  -d '{
        "compositeXids": [{
                "nsid": 411,
                "id": "WRbM7AAAAJ_PBZHl"
            },
            {
                "nsid": 411,
                "id": "WY-RNgAAArI4rGBo"
            }
        ],
        "graph-type": "Private Graph"
      }' | json_pp

応答
{
    "version": 1,
    "xidsClusterHistory": [{
            "xid": "GZsBQnHQaGtL46ZKSvO9bNRE1DcUyQA",
            "compositeXid": {
                "nsid": 411,
                "id": "WY-RNgAAArI4rGBo"
            },
            "clusterHistory": [{
                    "clusterId": "4c686f23-0871-41c2-b4f4-adef89f6bd2c",
                    "cRecordedTS": "1504741401382"
                },
                {
                    "clusterId": "29bf066c-971a-11e7-abc4-cec278b6b50a",
                    "cRecordedTS": "1502063001629"
                },
                {
                    "clusterId": "aeb2f60c-b0f1-446a-91dd-d28ab6a44ff9",
                    "cRecordedTS": "1499384601763"
                }
            ]
        },
        {
            "xid": "CJsDEAMaEAHmCKwPCQYNvzxD9JGDHZ8",
            "compositeXid": {
                "nsid": 411,
                "id": "WY-RNgAAArI4rGBo"
            },
            "clusterHistory": [{
                "clusterId": "4c686f23-0871-41c2-b4f4-adef89f6bd2c",
                "cRecordedTS": "1504741401937"
            }]
        }
    ],
    "unprocessedXids": ["cb0665db616f49758713252d8a335c1e"],
    "unprocessedNids": [{
        "nsid": 411,
        "id": "WY-RNgAAArI4rGBo"
    }]

}

リクエストの XID が同じクラスターに属しているかどうか、または 1 つ以上にクラスターが関連付けられているかどうかに関係なく、応答には、リクエストで提供された XID ごとに 1 つのエントリがあります。

次の手順

次のチュートリアルに進み、 ID マッピングをリスト します。