Show Menu
トピック×

ID の XID の取得

ID データは、通常、取得される XDM データの ID 文字列値および ID 名前空間として提供され、API 呼び出しで使用する ID を指定する際に使用されます。When identities are persisted in Identity Service, an ID is generated and assigned to that identity, called the native XID. Platform集約された ID と名前空間にこのよりコンパクトなフォームを使用して ID データのサポートを必要とする API。XID は base64 エンコードされた文字列です。
この形式は主にアドビ内部での使用を目的としています。Native XID as a singular value is more space efficient and is what is used internally within Platform solutions for storage and serialization. しかし、人間が読み取れるわけではなく、不透明で、使用するために別の呼び出しが必要です。
この節で説明するサービスを使用して、指定した ID 値と名前空間の XID を取得します。
API 形式
GET https://platform-{REGION}.adobe.io/data/core/identity/identity?namespace={NAMESPACE}&id={ID_VALUE}

リクエスト
curl -X GET \
  'https://platform-va7.adobe.io/data/core/identity/identity?namespace=email&id=test@adobetest.com' \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}'

応答  
{
    "xid":"BVrqzwVuzbXrLfmnaG3rXrLf3KJg"
}