Show Menu
トピック×

ID名前空間の概要

ID名前空間は、 IDサービスのコンポーネントで 、IDが関連付けられるコンテキストのインジケーターとして機能します。 例えば、「name @email.com」の値は電子メールアドレスとして、または「443522」は数値のCRM IDとして区別されます。

はじめに

ID名前空間を使用するには、関連する様々なAdobe Experience Platformサービスについて理解している必要があります。 名前空間の操作を開始する前に、次のサービスに関するドキュメントを確認してください。
  • リアルタイム顧客プロファイル : 複数のソースからの集計データに基づいて、リアルタイムで統合された顧客プロファイルを提供します。
  • IDサービス : デバイスとシステム間でIDをブリッジ化することで、個々の顧客とその行動をより良く表示できます。
  • プライバシーサービス : ID名前空間は、GDPR(General Data Protection Regulation)に準拠するために使用されます。GDPRは、名前空間に対してGDPR要求を行うことができます。

ID名前空間について

完全修飾IDには、ID値と名前空間が含まれます。 プロファイルフラグメント間でレコードデータを照合する場合は、リアルタイム顧客プロファイルがプロファイルデータを結合する場合と同様に、ID値と名前空間の両方を一致させる必要があります。
例えば、2つのプロファイルフラグメントに異なるプライマリIDが含まれていても、それらが「電子メール」名前空間と同じ値を共有している場合、Platformは、これらのフラグメントが実際には同じ個人であることを確認し、個々のIDグラフにデータをまとめることができます。

IDタイプ

データは、複数の異なるIDタイプで識別できます。 IDタイプは、ID名前空間の作成時に指定され、データがIDグラフに保持されるかどうかと、そのデータの処理方法に関する特別な指示を制御します。
プラットフォーム内では、次のIDタイプを使用できます。
IDタイプ
説明
Cookie
これらのIDは拡張に不可欠で、IDグラフの大部分を占めます。 しかし、自然によって、彼らは急速に衰え、時間と共に価値を失います。 Cookieの削除は、IDグラフで特別に処理されます。
デバイス間
これは、IDサービスがこの識別子を強力なユーザー識別子と見なす必要があるので、この識別子を永久に保持する必要があることを示しています。 ログインID、CRM ID、忠誠度IDなどがあります。
デバイス
IDFA、GAID、その他のIOT IDが含まれます。 家庭の人が共有できます。
電子メール
このタイプのIDには、個人識別情報(PII)が含まれます。 これは、IDサービスが値を慎重に処理することを示しています。
Mobile
このタイプのIDにはPIIが含まれます。 これは、IDサービスが値を慎重に処理することを示しています。
非ユーザー
名前空間を必要とするが、個人クラスターには結び付けられていないIDを格納するために使用します。 次に、これらの識別子は、アイデンティティグラフからフィルタリングされる。 使用例としては、製品、組織、店舗などに関連するデータが挙げられます。 (製品のSKUなど)。
電話番号
このタイプのIDにはPIIが含まれます。 これは、IDサービスが値を慎重に処理することを示しています。

標準名前空間

Adobe Experience Platformは、すべての組織で使用できるいくつかのID名前空間を提供します。 これらは標準名前空間と呼ばれ、Identity Service APIを使用して、またはPlatform UIを通して表示されます。
UIで標準名前空間を表示するには、左側のナビゲーションバーの「 ID 」をクリックし、「 参照 」タブをクリックします。 組織がアクセスできるすべてのID名前空間が表示されますが、「標準」を「所有者」として持つIDユーザーは、アドビが提供する標準名前空間です。
その後、表示の詳細に表示された名前空間の1つをクリックします。

組織の名前空間の管理

組織のデータや使用例に応じて、カスタム名前空間が必要になる場合があります。
これらは、「カスタム」を「所有者」として持つ名前空間としてUIに表示されます。 カスタム名前空間は、Identity Service APIを使用して、またはユーザーインターフェイスを通じて作成できます。
UIを使用してカスタム名前空間を作成するには、「ID名前空間を 作成」をクリックし 、ダイアログボックスに情報を入力して「 作成 」をクリックします。
定義した名前空間は組織内で非公開で、正常に作成するには一意の「IDシンボル」(APIを使用している場合は「コード」)が必要です。
標準名前空間と同様に、「 参照 」タブでカスタム名前空間をクリックして詳細を表示できますが、カスタム名前空間では、詳細領域から表示名と説明を編集することもできます。
名前空間を作成すると、そのシンボルを削除できなくなり、「IDシンボル」(APIでは「コード」)と「タイプ」は変更できなくなります。

IDデータの名前空間

IDの名前空間の入力は、IDデータの提供に使用する方法に応じて異なります。 データIDデータの提供の詳細については、「IDサービスの概要 」の「IDデータの 供給」の節を参照してください。