Show Menu
トピック×

データ取り込みの監視

データ取り込みを使用すると、データをAdobe Experience Platformに取り込むことができます。 バッチインジェストを使用すると、様々なファイルタイプ(CSVなど)を使用してデータを挿入できます。また、ストリーミングエンドポイントを使用してリアルタイムにデータをプラットフォームに取り込むことができます。
このユーザーガイドでは、Adobe Experience Platformユーザーインターフェイス内でデータを監視する手順を説明します。 このガイドを使用するには、Adobe IDをお持ちの方がAdobe Experience Platformにアクセスできる必要があります。

ストリーミングのエンド・ツー・エンドのデータ取り込みの監視

Experience Platform UI ( エクスペリエンスプラットフォームUI )で、左側のナビゲーションメニューの「 監視 」をクリックし、「 Streaming end-to-end(エンドツーエンド)」をクリックします。
# ページが表示されます。 このワークスペースには、プラットフォームが受信したストリームイベントの割合を示すグラフ、 リアルタイム顧客プロファイルが正常に処理したストリームイベントの割合 、および入力データの詳細なリストが表示されます。
デフォルトで、上のグラフには、過去7日間の摂取率が表示されます。 この日付範囲は、強調表示されたボタンをクリックすると、様々な期間を表示するように調整できます。
下のグラフには、過去7日間にプロファイル別に、正常に処理されたストリームイベントの割合が表示されます。 この日付範囲は、強調表示されたボタンをクリックすると、様々な期間を表示するように調整できます。
このグラフにデータを表示するには、プロファイルを 明示的に有効にする必要があります 。 プロファイル用のストリーミングデータを有効にする方法については、『 datasetsユーザガイド 』を参照してください。
グラフの下には、上に示した日付範囲に対応するすべてのストリーミング取り込みレコードがリストされています。 一覧に表示される各バッチには、ID、データセット名、最終更新時点、バッチ内のレコード数、エラー数(存在する場合)が表示されます。 任意のレコードをクリックすると、そのレコードに関する詳細情報を表示できます。

ストリーミングレコードの表示

ストリーミングされたレコードの詳細を表示すると、取り込まれたレコード数、ファイルサイズ、取り込み開始、終了時間などの情報が表示されます。
失敗したストリーミングレコードの詳細には、成功したレコードと同じ情報が表示されます。
また、失敗したレコードは、バッチの処理中に発生したエラーの詳細を提供します。 次の例では、カタログからのdatasetIdの検証中にシステムエラーが発生しました。

バッチのエンドツーエンドのデータ取り込みの監視

Experience Platform UI ( エクスペリエンスプラットフォームのUI )で、左側のナビゲーションメニューの「 監視」をクリックします。
バッチエンドツーエンドの監視 」ページが表示され、以前に取り込んだバッチのリストが表示されます。 任意のバッチをクリックすると、そのレコードに関する詳細情報を表示できます。

バッチの表示

正常に完了したバッチの詳細を表示すると、取り込まれたレコード数、ファイルサイズ、取り込み開始、終了時間などの情報が表示されます。
失敗したバッチの詳細には、成功したバッチと同じ情報が表示され、レコード数の追加に失敗しました。
また、失敗したバッチは、バッチの処理中に発生したエラーの詳細を提供します。 以下の例では、不明なフィールドのを使用しているので、取り込んだバッチにエラーが発生しました _experience