Show Menu
トピック×

Adobe Experience Platform のデータ品質

Adobe Experience Platform では、バッチまたはストリーミングの取り込みによりアップロードされたすべてのデータの完全性、正確性、一貫性が保証されています。The following document provides a summary of the supported checks and validation behaviors for batch and streaming ingestion in Experience Platform.

サポートされるチェック

 
バッチの取り込み
ストリーミングの取り込み
データタイプのチェック
列挙のチェック
範囲のチェック(最小、最大)
必須フィールドのチェック
パターンのチェック
×
書式のチェック
×

サポートされる検証ビヘイビアー

Both batch and streaming ingestion prevent failed data from going downstream by moving bad data for retrieval and analysis in Data Lake. バッチおよびストリーミングの取り込みでは、データに対して次の検証が実行されます。

バッチの取り込み

バッチの取り込みでは、次の検証が実行されます。
検証領域
説明
スキーマ
スキーマが空​ ではなく "meta:immutableTags": ["union"] のように union スキーマへの参照が含まれていることを確認します。
identityField
有効な ID 記述子がすべて定義されていることを確認します。
createdUser
バッチを取り込んだユーザーにバッチの取り込みが許可されていることを確認します。

ストリーミングの取り込み

ストリーミングの取り込みでは、次の検証が実行されます。
検証領域
説明
スキーマ
スキーマが空​ ではなく "meta:immutableTags": ["union"] のように union スキーマへの参照が含まれていることを確認します。
identityField
有効な ID 記述子がすべて定義されていることを確認します。
JSON
JSON が有効であることを確認します。
IMS 組織
表示される IMS 組織が有効な組織であることを確認します。
ソース名
データソースの名前が指定されていることを確認します。
データセット
データセットが指定され有効になっていること、さらに削除されていないことを確認します。
ヘッダー
ヘッダーが指定され、有効になっていることを確認します。
More information about how Platform monitors and validates data can be found in the monitoring data flows documentation .