Show Menu
トピック×

ソースコネクタ

Adobe Experience Platformを使用すると、データを外部ソースから取り込むと同時に、Platform Servicesを使用して、入力データの構造、ラベル付け、拡張を行うことができます。 アドビのアプリケーション、クラウドベースのストレージ、サードパーティのソフトウェア、CRMなど、様々なソースからデータを取り込むことができます。
エクスペリエンスプラットフォームは、RESTful APIとインタラクティブUIを備えており、様々なデータプロバイダーへのソース接続を簡単に設定できます。 これらのソース接続を使用すると、ストレージシステムとCRMサービスの認証、取り込みの実行時間の設定、データ取り込みスループットの管理を行うことができます。
これらのソースコネクタの詳細については、 ソースコネクタのドキュメントを参照してください