Show Menu
トピック×

UI を使用したストリーミング接続の作成

この UI ガイドは、Adobe Experience Platform を使用してストリーミング接続を作成する際に役立ちます。

はじめに

In order to start streaming data to Experience Platform, you must first create a streaming HTTP connection. ストリーミング接続を作成する場合、ストリーミングデータのソースや、信頼できる(認証済み)ソースまたは信頼できない(未認証)ソースからデータを送信するかどうかなど、重要な設定をおこなう必要があります。
After registering a streaming connection you will have a unique URL which can be used to stream data to Platform.
このガイドに記載されている操作を完了するには、Adobe Experience Platform にアクセスする必要があります。If you do not have access to Platform, please contact your system administrator before proceeding.

ストリーミング接続の作成

After logging in to the Experience Platform UI, click Sources to open the Catalog tab. このページには、使用可能なソースの種類が個々のカードで表示されます。各カードの丸の中に、データセットへのストリーミング接続から作成されたデータフローの数が示されます。
ソース 」ページで、「 HTTP API 」をクリックしてから、「 接続ソース 」をクリックします。
HTTP に接続 」画面が表示されます。「 サービスの詳細 」で、新しいストリーミング接続の​ 名前 ​と​ 説明 ​を入力します。
アカウント認証 」で、ストリーミング接続の次の設定プロパティを選択します。
  • 認証: ストリーミング接続に認証が必要かどうか。 認証を実行すると、データは信頼できるソースから収集されます。個人を特定できる情報(Personally Identifiable Information:PII)を扱う場合は、このオプションをオンにすることをお勧めします。
  • XDMスキーマの互換性: このストリーミングスキーマが、XDM接続と互換性のあるイベントを送信するかどうかを指定します。 デフォルトでは、このプロパティは​ オン ​になっています。
設定プロパティの選択が完了したら、「 接続 」をクリックします。これで、ストリーミング HTTP 接続が作成され、「 ソース 」ワークスペースの「 参照 」タブに表示されるようになりました。
参照 」タブで、新しく作成したストリーミング HTTP 接続をクリックすると、その接続の詳細が表示されます。
接続名のハイパーリンクをクリックして「 データを選択 」をクリックすると、接続するデータセットを設定して、表示するデータを選択できます。

新しいデータセットを作成する

新しいデータセットを作成するには、 名前 説明 ​およびデータセットのターゲット​ スキーマ ​を指定します。
すべての情報を入力して「 次へ 」をクリックすると、指定した情報を確認してから、「 終了 」をクリックしてデータセットをストリーミング HTTP 接続に接続できます。

既存のデータセットを使用する

既存のデータセットを使用するには、「 出力データセット名 」を選択します。
次へ 」をクリックして詳細を確認してから、「 終了 」をクリックして、選択したデータセットをストリーミング HTTP 接続に接続できます。

次の手順

By following this tutorial, you have created a streaming HTTP connection, enabling you to use the streaming endpoint to access a variety of Data Ingestion APIs. API でストリーミング接続を作成する手順については、 ストリーミング接続の作成に関するチュートリアル を参照してください。