Show Menu
トピック×

Attribution AI の概要

Attribution AI はインテリジェントサービスの一部で、顧客とのやり取りの影響と増分的な効果を指定した成果に照らして計算する、マルチチャネルのアルゴリズムアトリビューションサービスです。Attribution AI を使用すると、マーケターは、カスタマージャーニーの各段階における顧客との個々のやり取りの影響を把握することで、マーケティング費用や広告費用を測定し最適化できます。

Attribution AI について

Attribution AI は、コンバージョンイベントにつながるタッチポイントの貢献度を明らかにするために使用します。これは、カスタマージャーニーにわたる個々のマーケティングタッチポイントのマーケティング効果をマーケターが定量化するのに役立ちます。タッチポイントの例としては、ディスプレイ広告インプレッション、E メールの送信、E メールの開封、有料検索のクリックなどがあります。
Attribution AI の出力は、様々なディメンションに分けられ、カスタマージャーニーの様々な段階で利用できます。これは、ビジネスニーズを機械学習の問題に置き換え、アルゴリズムを選択し、モデルをトレーニングしてデプロイしなくてもおこなえます。
Attribution AI data can be from Adobe (e.g. Analytics) or non-Adobe data sources.
Attribution AI では、スコアの 2 つのカテゴリ(アルゴリズムとルールベース)をサポートしています。アルゴリズムスコアには、増分スコアと影響スコアが含まれます。ルールベーススコアには、ファーストタッチ、ラストタッチ、リニア、U 字形、タイムディケイが含まれます。
次のビデオは、Attribution AIに関する理解を深めるためのものです。

ビジネスユースケースの例

Attribution AI を使用すると、以下のサンプルユースケースで役に立ちます。
  • エグゼクティブレポート :経営幹部は、マーケティングの真の増分的効果を、全体として、また、より詳細に(チャネル別、地域別、SKU 別など)把握できます。
  • 予算配分 :マーケティングチャネル全体にわたる予算配分の決定の判断材料になります。
  • キャンペーン最適化 :各チャネル内で、どのキャンペーン、クリエイティブ、キーワードがどの SKU または地域に対して効果が高いかを把握します。これにより、マーケティングチームが戦術を最適化できるように、各チャネルを検討することができます。
  • フルファネルアトリビューション :カスタマージャーニー全体にわたるマーケティングの効果を把握します。例えば、有料コンバージョン以降も継続される無料アカウントサインアップなど。
  • パートナー評価 :アトリビューション結果に基づいて、代理店やパートナーの有効性を評価します。

その他の機能

Attribution AI also offers integration with other Adobe solutions such as Adobe Analytics. これにより、これらのソリューションで、カスタマイズ可能なアルゴリズムモデルを利用して、メディアのパフォーマンスを評価したり、分析インサイトを提供したりできます。

次の手順

始める前に 』に従って、作業を開始できます。このガイドでは、Attribution AI に必要なすべての前提項目の設定について順を追って説明します。既に資格情報とデータの準備ができている場合は、 Attribution AI ユーザーガイド を参照してください。このガイドでは、インスタンスの作成、トレーニングとスコアリングの設定などについて順を追って説明します。