Show Menu
トピック×

Getting started with Content and Commerce AI

コンテンツとコマースAIはベータ版です。 このドキュメントは変更されることがあります。
Content and Commerce AI adobeI/O APIを使用 AdobeI/O APIとI/Oコンソール統合を呼び出すには、まず 認証のチュートリアルを完了する必要があります
ただし、 API 手順に到達したら、次のスクリーンショットに示すように、APIはAdobe Experience PlatformではなくExperience Cloudの下に配置されます。
次に示すように、AdobeI/O API呼び出しの中で必要な各ヘッダーの値を認証チュートリアルの設定を完了する。
  • Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}
  • x-api-key: {API_KEY}
  • x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}

ポストマン環境の作成(オプション)

Adobeデベロッパーコンソール内でプロジェクトとAPIを設定したら、Postman用の環境ファイルをダウンロードできます。 プロジェクトの左側のレールの API (API)で、「 コンテンツとコマースAI 」を選択します。 新しいタブが開き、「Try it out」というラベルの付いたカードが表示されます。 「Postman用に ダウンロード 」を選択して、postman環境の設定に使用するJSONファイルをダウンロードします。
ファイルをダウンロードしたら、Postmanを開き、右上の 歯車アイコンを選択して、 環境の 管理 ダイアログを開きます。
次に、 # ダイアログボックスで # を選択します。
リダイレクトされ、コンピューターから環境ファイルを選択するように求められます。 前にダウンロードしたJSONファイルを選択し、「 開く 」を選択して環境を読み込みます。
新しい環境名が入力された状態で、「 環境の管理 」タブに戻ります。 表示する環境名を選択し、Postmanで使用可能な変数を編集します。 引き続き、 JWT_TOKEN およびを手動で設定する必要があり ACCESS_TOKEN ます。 これらの値は、 認証のチュートリアルの完了時に取得する必要があります
完了すると、変数は下のスクリーンショットのようになります。 「 更新 」を選択して、環境の設定を終了します。
右上隅のドロップダウンメニューから環境を選択し、保存した値を自動入力できるようになりました。 値をいつでも再編集して、すべてのAPI呼び出しを更新するだけです。
Postmanを使用したAdobeI/O APIの操作について詳しくは、AdobeI/OでのJWT認証にPostmanを 使用した場合の記事(中)を参照してください

API 呼び出し例の読み取り

ここでは、リクエストの形式を説明するために API 呼び出しの例を示します。これには、パス、必須ヘッダー、適切に書式設定されたリクエストペイロードが含まれます。また、API レスポンスで返されるサンプル JSON も示されています。ドキュメントで使用される API 呼び出し例の表記について詳しくは、Experience Platform トラブルシューテングガイドの API 呼び出し例の読み方 に関する節を参照してください。

次の手順

資格情報をすべて取得したら、カスタムワーカーを設定する準備が整い Content and Commerce AIます。 次のドキュメントは、拡張機能のフレームワークと環境の設定を理解するのに役立ちます。
拡張機能のフレームワークについて詳しくは、拡張機能の ドキュメントの 概要を読んで開始してください。 このドキュメントでは、前提条件とプロビジョニング要件について概説します。
開発者用環境の設定に関する詳細は、 Content and Commerce AI開始用環境の設定ガイドを参照して ください 。 このドキュメントでは、Asset Compute Serviceの設定手順を説明します。