Show Menu
トピック×

お客様向けAIはじめに

お客様向けAIのガイドでは、お客様向けAIの使用に関連する様々なプラットフォームサービスについて、十分に理解しておく必要があります。 開始を行う前に、次のドキュメントを確認してください。
  • Experience Data Model(XDM)システム概要 : XDMは、Adobe Experience Cloudの基盤となるフレームワークです。Experience Platformを利用して、適切なチャネルを適切な人に、ちょうど適切なタイミングで配信できます。 Experience Platformが構築される方法論XDM Systemは、Platform Servicesで使用するExperience Data Modelスキーマを運用します。
  • スキーマ構成の基本 : このドキュメントでは、Experience Data Model(XDM)スキーマと、Adobe Experience Platformで使用するスキーマを構成するための構成要素、原則およびベストプラクティスを紹介します。
  • スキーマの作成 : このチュートリアルでは、Experience Platform内でスキーマエディターを使用してスキーマを作成する手順を説明します。
  • リアルタイム顧客プロファイルの概要 : Adobe Real-time Customer Data Platform(Real-time CDP)は、Adobe Experience Platformを基盤としており、会社が既知の未知のデータを集め、顧客の遍歴を通じてインテリジェントな判定を行い、顧客のプロファイルを活性化するのに役立ちます。 Real-time CDP は、複数の大規模法人データソースを組み合わせて、1 対 1 のパーソナライズされた顧客体験をすべてのチャネルとデバイスにわたって提供するために使用できる、統合されたプロファイルを作成します。
  • Segmentation Serviceの概要 : 分類とは、マーケティング可能な人々のグループを顧客ベースから区別するために、プロファイルのサブセットによってプロファイルストアから共有される特定の属性や行動を定義するプロセスです。 例えば、「スニーカーを購入し忘れましたか?」という電子メールキャンペーンでは、過去 30 日間にランニングシューズを検索したが購入を完了しなかったすべてのユーザーのオーディエンスが必要な場合があります。様々なセグメントを使用すると、様々なオーディエンスに焦点を当て、よりカスタマイズされたマーケティングエクスペリエンスを提供できます。
  • セグメントビルダーユーザーガイド : プラットフォームでは、セグメントを簡単に作成してアクセスできるほか、異なる構築ブロックを使用してセグメントの特徴をさらに明確にできます。

顧客AIスコアのダウンロード

生のスコアをダウンロードする必要がない場合は、この手順をスキップして 設定ガイドに進み ます。
顧客AIスコアのダウンロードは、API呼び出しの組み合わせによって行われます。 プラットフォームAPIを呼び出すには、まず 認証チュートリアルを完了する必要があります 。 次に示すように、認証チュートリアルで、すべてのExperience Platform API呼び出しに必要な各ヘッダーの値を指定します。
  • 認証: 無記名 {ACCESS_TOKEN}
  • x-api-key: {API_KEY}
  • x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}
エクスペリエンスプラットフォームのすべてのリソースは、特定の仮想サンドボックスに分離されています。 プラットフォームAPIへのすべてのリクエストには、操作が実行されるサンドボックスの名前を指定するヘッダーが必要です。
  • x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}
プラットフォームのサンドボックスについて詳しくは、「 サンドボックスの概要に関するドキュメント 」を参照してください。

サンプルAPI呼び出しの読み取り

このガイドは、リクエストをフォーマットする方法を示すAPI呼び出しの例を提供します。 例えば、パス、必須のヘッダー、適切にフォーマットされた要求ペイロードなどです。 API応答で返されるサンプルJSONも提供されます。 サンプルAPI呼び出しのドキュメントで使用される表記について詳しくは、Experience PlatformトラブルシューティングガイドのAPI呼び出し例の読み 方に関する節を参照してください

次の手順

上記のドキュメントで概要を説明した手順を完了したら、 Input and Output Documentationを参照してください。 このドキュメントでは、Customer AIで使用され、生成されるデータのタイプについて簡単に説明します。