Show Menu
トピック×

データを Intelligent Services

マーケティングイベントデータからインサイト Intelligent Services を見つけるには、そのデータがセマンティックに強化され、標準構造で維持されている必要があります。 Intelligent Services これを達成するた Experience Data Model めに、(XDM)スキーマを活用します。 特に、で使用するすべてのデータセットは、 Intelligent Services Consumer ExperienceEvent(CEE) ​XDMスキーマに準拠している必要があります。
このドキュメントでは、複数のチャネルからこのスキーマへのマーケティングイベントデータのマッピング、スキーマ内の重要なフィールドの概要を説明し、データを構造に効果的にマッピングする方法を判断する際の一般的な手引きを示します。

ワークフローの概要

準備プロセスは、データがAdobe Experience Platformに保存されているか、外部に保存されているかによって異なります。 この節では、いずれかのシナリオで必要となる手順について要約します。

外部データの準備

データをの外部に保存する場合 Experience Platformは、次の手順に従います。
  1. 専用のAzure BLOBストレージコンテナのアクセス資格情報を要求するには、Adobeコンサルティングサービスに問い合わせてください。
  2. アクセス資格情報を使用して、データをBlobコンテナにアップロードします。
  3. Adobeコンサルティングサービスに相談して、 Consumer ExperienceEventスキーマにマッピングされたデータをに取り込み 、取り込み Intelligent Servicesます。

Experience Platform データ準備

データが既ににに保存されている場合 Platformは、次の手順に従います。
  1. Consumer ExperienceEventスキーマの構造を確認し、 Consumer ExperienceEvent のフィールドにデータをマッピングできるかどうかを確認します。
  2. Adobeのコンサルティングサービスに問い合わせて、データをスキーマにマッピングし、それに取り込む方法についてお問い合わせください。 Intelligent Servicesまた、データを自分でマッピングする場合は、このガイド データのマッピングと取り込み の手順に従ってください。

CEEスキーマについて

Consumer ExperienceEventスキーマでは、デジタルマーケティングイベント(Webまたはモバイル)、オンラインまたはオフラインのコマースアクティビティに関する個人の行動を説明します。 このスキーマは、意味的に適切に定義されたフィールド(列)があ Intelligent Services るので、このメソッドを使用する必要があります。そうしないとデータが明確にならなくなる不明な名前は避けられます。
CEEスキーマは、すべてのXDM ExperienceEventスキーマと同様に、ポイントインタイムや関係する件名のIDなど、イベント(またはイベントのセット)が発生したときのシステムの時系列ベースの状態を取り込みます。 エクスペリエンスイベントは、何が起こったかの実際の記録であり、そのため、集約や解釈なしに起こったことを不変で、表します。
Intelligent Services このスキーマ内のいくつかの主要フィールドを利用して、マーケティングイベントデータからインサイトを生成します。これらのすべてはルートレベルにあり、展開して必須サブフィールドを表示できます。
すべてのXDMスキーマと同様、CEEミックスインも拡張可能です。 つまり、CEEミックスインにはフィールドを追加でき、必要に応じて複数のスキーマに異なるバリエーションを含めることができます。
mixinの完全な例は、 public XDM repositoryにあります 。 さらに、以下の JSONファイルを表示してコピーし 、CEEスキーマに準拠するようにデータを構造化する方法の例を示します。 独自のデータをスキーマにマップする方法を決定するには、次の節で説明する主なフィールドについて学習する際に、これらの例を両方参照してください。

キーフィールド

CEEミックスインには、有用なインサイトを生成するために使用する必要がある主なフィールドがいくつかあ Intelligent Services ります。 この節では、これらのフィールドの使用事例と期待されるデータについて説明し、その他の例に関するリファレンスドキュメントへのリンクを示します。

必須フィールド

すべての主要フィールドの使用を強くお勧めしますが、 動作させるには 2つのフィールドが Intelligent Services 必須です。

プライマリ同一性

スキーマ内の1つのフィールドを主なIDフィールドとして設定する必要があります。これにより、時系列データの各インスタンス Intelligent Services を個々の人にリンクできます。
データのソースと特性に基づいて、主IDとして使用する最適なフィールドを決定する必要があります。 IDフィールドには、フィールドが値として期待するIDデータの種類を示す ID名前空間 (identity)を含める必要があります。 有効な名前空間値には次のものがあります。
  • "電子メール"
  • "phone"
  • "mcid"(Adobe Audience ManagerID用)
  • "aid"(Adobe AnalyticsID用)
どのフィールドを主IDとして使用すべきかがわからない場合は、Adobeコンサルティングサービスに問い合わせて、最適なソリューションを決定してください。

xdm:timestamp

このフィールドは、イベントが発生した日時を表します。 この値は、ISO 8601規格に従って、文字列として指定する必要があります。

xdm:channel

このフィールドは、Attribution AIを使用する場合にのみ必須です。
このフィールドは、ExperienceEventに関連するマーケティングチャネルを表します。 このフィールドには、チャネルのタイプ、メディアのタイプ、場所のタイプに関する情報が含まれます。
スキーマ例
{
  "@id": "https://ns.adobe.com/xdm/channels/facebook-feed",
  "@type": "https://ns.adobe.com/xdm/channel-types/social",
  "xdm:mediaType": "earned",
  "xdm:mediaAction": "clicks"
}

各必須サブフィールドの詳細については、 xdm:channel エクスペリエンスチャネルスキーマ channel.schema.md 仕様を参照してください。 マッピングの例については、次の 表を参照してください
チャネルマッピングの例
次の表に、 xdm:channel スキーマにマッピングされたマーケティングチャネルの例を示します。
Channel
@type
mediaType
mediaAction
有料検索
https:/ /ns.adobe
支払った
clicks
Social - Marketing
https:/ /ns.adobe
獲得した
clicks
表示
https:/ /ns.adobe
支払った
clicks
Email
https:/ /ns.adobe
支払った
clicks
内部転送者
https:/ /ns.adobe
所有
clicks
Display ViewThrough
https:/ /ns.adobe
支払った
インプレッション
QRコードのリダイレクト
https:/ /ns.adobe
所有
clicks
Mobile
https:/ /ns.adobe
所有
clicks

推奨フィールド

この節では、その他の主要フィールドについて説明します。 これらのフィールドは必ずしも機能するために必要なものではありませんが、より豊富なインサイトを得るために、できる限り多くのフィールドを使用することを強くお勧めします。 Intelligent Services

xdm:productListItems

このフィールドは、製品のSKU、名前、価格、数量など、顧客が選択した製品を表す項目の配列です。
スキーマ例
[
  {
    "xdm:SKU": "1002352692",
    "xdm:name": "24-Watt 8-Light Chrome Integrated LED Bath Light",
    "xdm:currencyCode": "USD",
    "xdm:quantity": 1,
    "xdm:priceTotal": 159.45
  },
  {
    "xdm:SKU": "3398033623",
    "xdm:name": "16ft RGB LED Strips",
    "xdm:currencyCode": "USD",
    "xdm:quantity": 1,
    "xdm:priceTotal": 79.99
  }
]

各必須サブフィールドの詳細については、「 xdm:productListItems コマース詳細スキーマ experienceevent-commerce.schema.md 」仕様を参照してください。

xdm:commerce

このフィールドには、発注書番号や支払い情報など、ExperienceEventに関するコマース固有の情報が含まれます。
スキーマ例
{
    "xdm:order": {
      "xdm:purchaseID": "a8g784hjq1mnp3",
      "xdm:purchaseOrderNumber": "123456",
      "xdm:payments": [
        {
          "xdm:transactionID": "transactid-a111",
          "xdm:paymentAmount": 59,
          "xdm:paymentType": "credit_card",
          "xdm:currencyCode": "USD"
        },
        {
          "xdm:transactionId": "transactid-a222",
          "xdm:paymentAmount": 100,
          "xdm:paymentType": "gift_card",
          "xdm:currencyCode": "USD"
        }
      ],
      "xdm:currencyCode": "USD",
      "xdm:priceTotal": 159
    },
    "xdm:purchases": {
      "xdm:value": 1
    }
  }

各必須サブフィールドの詳細については、「 xdm:commerce コマース詳細スキーマ experienceevent-commerce.schema.md 」仕様を参照してください。

xdm:web

このフィールドは、インタラクション、ページの詳細、転送者など、ExperienceEventに関するWebの詳細を表します。
スキーマ例
{
  "xdm:webPageDetails": {
    "xdm:siteSection": "Shopping Cart",
    "xdm:server": "example.com",
    "xdm:name": "Purchase Confirmation",
    "xdm:URL": "https://www.example.com/orderConf",
    "xdm:errorPage": false,
    "xdm:homePage": false,
    "xdm:pageViews": {
      "xdm:value": 1
    }
  },
  "xdm:webReferrer": {
    "xdm:URL": "https://www.example.com/checkout",
    "xdm:referrerType": "internal"
  }
}

に必要な各サブフィールドの詳細については、ExperienceEvent Web詳細スキーマ xdm:productListItems 仕様を参照して experienceevent-web.schema.md ください。

xdm:marketing

このフィールドには、タッチポイントでアクティブなマーケティングアクティビティに関する情報が含まれています。
スキーマ例
{
  "xdm:trackingCode": "marketingcampaign111",
  "xdm:campaignGroup": "50%_DISCOUNT",
  "xdm:campaignName": "50%_DISCOUNT_USA"
}

の必須サブフィールドの詳細については、 xdm:productListItems marketing sechma marketing.schema.md 仕様を参照してください。

データのマッピングと取り込み

マーケティングイベントのデータをCEEスキーマにマッピングできるかどうかを判断したら、次の手順はどのデータを取り込むかを決定することで Intelligent Servicesす。 で使用されるすべての履歴データは、4か月のデータの最小期間に加えて、ルックバック期間として使用される日数に該当する Intelligent Services 必要があります。
送信するデータの範囲を決定したら、Adobeコンサルティングサービスに連絡して、データをスキーマにマッピングし、サービスに取り込む方法についてお問い合わせください。
購読があり、自分でデータをマッピングおよび取り込む場合は、次の節に示す手順に従ってください。 Adobe Experience Platform

Adobe Experience Platformの使用

以下の手順では、Experience Platformを購読する必要があります。 プラットフォームにアクセスできない場合は、 次の手順 「」セクションに進みます。
この節では、で使用するデータをマッピングし、Experience Platformに取り込むためのワークフローについて説明します。詳細手順のチュートリアルへのリンク Intelligent Servicesも含まれます。

CEEスキーマとデータセットの作成

取り込み用にデータを準備する際に開始が発生する準備が整ったら、最初の手順は、CEEミックスインを使用する新しいXDMスキーマを作成することです。 次のチュートリアルでは、UIまたはAPIで新しいスキーマを作成するプロセスについて説明します。
上記のチュートリアルは、スキーマを作成するための一般的なワークフローに従っています。 スキーマのクラスを選択する場合は、 XDM ExperienceEventクラスを使用する必要があります 。 このクラスを選択したら、CEEミックスインをスキーマに追加できます。
CEEミックスインをスキーマに追加した後、データ内の追加フィールドに必要に応じて他のミックスインを追加できます。
スキーマを作成して保存したら、そのスキーマに基づいて新しいデータセットを作成できます。 以下のチュートリアルでは、UIまたはAPIで新しいデータセットを作成するプロセスについて説明します。
データセットの作成後は、 Datasets ワークスペース内のプラットフォームUIで見つけることができます。

データセット追加の主なID名前空間タグ

の今後のリリースで Intelligent Services は、 Adobe Experience Platform・アイデンティティ・サービスがお客様の識別機能に統合される予定です 。 したがって、次の手順は変更される場合があります。
、などの外部ソースからデータを取り込む場合 Adobe Audience Managerは、データセットに Adobe Analytics primaryIdentityNameSpace タグを追加する必要があります。 これは、Catalog Service APIにPATCHリクエストを行うことで行うことができます。
ローカルCSVファイルからデータを取り込む場合は、データの マッピングと取り込みに関する次の節に進むことができます
以下のAPI呼び出しの例に従う前に、カタログ開発ガイドの はじめにの節 、必要なヘッダーに関する重要な情報を参照してください。
API 形式
PATCH /dataSets/{DATASET_ID}

パラメーター
説明
{DATASET_ID}
前に作成したデータセットのID。
リクエスト
データを取り込む元のソースに応じて、リクエストペイロードに適切な primaryIdentityNamespace タグ値と sourceConnectorId タグ値を指定する必要があります。
次のリクエストは、Audience Managerに適したタグ値を追加します。
curl -X PATCH \
  https://platform.adobe.io/data/foundation/catalog/dataSets/5ba9452f7de80400007fc52a \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -d '{
        "tags": {
          "primaryIdentityNameSpace": ["mcid"],
          "sourceConnectorId": ["audiencemanager"],
        }
      }'

次のリクエストによって、Analyticsに適したタグ値が追加されます。
curl -X PATCH \
  https://platform.adobe.io/data/foundation/catalog/dataSets/5ba9452f7de80400007fc52a \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -d '{
        "tags": {
          "primaryIdentityNameSpace": ["aaid"],
          "sourceConnectorId": ["analytics"],
        }
      }'

For more information on working with identity namespaces in Platform, see the identity namespace overview .
応答
リクエストが成功した場合、更新されたデータセットの ID を含む配列が返されます。この ID は、PATCH リクエストで送信された ID と一致する必要があります。
[
    "@/dataSets/5ba9452f7de80400007fc52a"
]

データのマッピングと取り込み

CEEスキーマとデータセットを作成したら、データテーブルをスキーマに開始マッピングし、そのデータをプラットフォームに取り込むことができます。 UIでCSVファイルを実行する方法については、CSVファイルのXDMスキーマ への マッピングに関するチュートリアルを参照してください。 独自のデータを使用する前に、以下の サンプルJSONファイルを使用して 、インジェストプロセスをテストできます。
データセットを取り込むと、同じデータセットを使用して他のデータファイルを取り込むことができます。
サポートされるサードパーティアプリケーションにデータが保存されている場合は、 ソースコネクタを作成してマーケティングイベントのデータをリアルタイムで取り込むこ Platform ともできます。

次の手順

このドキュメントでは、で使用するデータの準備に関する一般的なガイダンスを提供し Intelligent Servicesました。 使用事例に基づく追加のコンサルティングが必要な場合は、Adobeコンサルティングサポートにお問い合わせください。
顧客体験データをデータセットに正しく埋め込むと、を使用してインサイト Intelligent Services を生成できます。 開始するには、次のドキュメントを参照してください。